【子ども2人と住宅ローン】30代、貯金250万円からの軌跡

今回のテーマは、子ども2人と住宅ローンを抱えた30代、貯金250万円からの軌跡です。

このブログは、こんな人にお勧めです

・資産形成をしたいが、どんなふうにしたらよいか分からない
・大きく運用に成功した事例はよく聞くが、一般的な事例を知りたい
・30代の資産運用について知りたい

(スポンサーリンク)

目次

20代が人生の半分、そして30代をどう生きるか

『40歳で年収520万円』と聞くと

「年収は普通でしょう?」「底辺すぎる!!」など様々ありますが・・・

これなら、どうでしょう?

「35歳では貯金が256万円しかなくて、子ども2人をかかえて年収480万円」

30代は生活するのは厳しい状態が続き、働いても貯金が増えない時期がありました

その時にどんなライフプランを考えたのか?

これから40代を迎える人には非常に参考になるかもしれません

2015年から2021年の総資産の軌跡

総資産のグラフ推移

2015-2021年の軌跡

西暦・年齢・総資産・世界経済

西暦年齢総資産額世界経済
2015年35歳2,569,752円チャイナショック
2016年36歳2,915,484円トランプ政権開始
2017年37歳4,269,165円自民党圧勝、アベノミクス
2018年38歳4,657,466円積み立てNISA開始
2019年39歳5,717,033円消費税10%増大
2020年40歳7,545,905円新型コロナウイルス、バイデン政権
2021年41歳9,447,066円ワクチン接種開始、岸田首相誕生
世界経済と資産形成について(2021年=2021年10月現在)

資産形成年表
2015年:NISA運用開始。日本株・新興国株の一部を保有
2017年:インデックス投資開始(毎月1万円より開始)、日本株を継続しつつ、ETF・米国株を開始。
2018年:日本株から米国株・ETEFへ大きく移行。
2020年:新型コロナウイルスの影響で株や投資信託を買い増す
2021年:仮想通貨投資(5万5千円)、米国株・ETFが全体の約25%に到達

gritman

損切りが苦手で、楽観的に株を保有している銘柄があります。
ただ人生は長いので、のんびり行く末を見極めたいと思います。
40代になり、損をしない事を意識つつ米国株を買い増しを続ける予定です。
20代、30代はもっと積極的な運用してもよいかもしれませんね。

まとめ

7年間、順調に資産が増やすことができました

インデックス投資投資信託の効果や時世が良かった考える人もいますが、インデックス投資は2017年から開始して本格的に実施したのは2019年からです

資産形成に必要な事は、毎月資産運用報告書を作りお金の流れを把握すること、そして投資に回す入金力が大切です

まずは流れを把握し、コントロールすることです

gritman

さいごまで読んでいただきありがとうございます

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる