40代男性サラリーマンにおすすめする懐かしのおもちゃ5選~久しぶりに遊んでみよう~

40代が子どもだったころは、いろいろなおもちゃで遊びました。

あの頃には戻れないけれど、当時の遊びを思い出してまた遊びたいと思う人は多いと思います。

この記事はもう一度、遊びたいと思うおもちゃを紹介します。

おもちゃは子どもと一緒に遊ぶ、または自分だけで楽しんでもよいと思います。

この機会に久しぶりに懐かしのおもちゃに触れてみて、遊んでみてください

40代男性サラリーマンに響くかもしれない、おすすめのおもちゃ

1,ビックリマンカード集め
2,ファミコン、スーパーファミコン
3,野球盤
4,人生ゲーム
5,プラモデル(ミニ四駆)

(スポンサーリンク)

目次

ビックリマンカード

・難易度:★★
・おすすめ度:★★★
・手に入れる方法:実家、友人宅を探索、ネットオークション
・価格:0円-10万円

手軽に懐かしさを感じることができるアイテムとしておすすめするのは、ビックリマンカードです。

当時から、ヘッドロココ、スーパーゼウスなど数々の代表的なカードがありました。

今もネットオークションなどをみると高額で取引されていますね。

当時はビックリマンカードはチョコで始まり、アイスなどたくさんのお菓子を買って、カードを集めました。

あれから何十年もたちましたが、ときどきブームが再来しては消えていきます。

今では色々なカードがありますが、元祖子どもカードはビックリマンカード

ぜひ、実家に戻って探してみてください。

ビックリマンカードあるある?

数年前、自宅でビックリマンカードを発見
兄や姉のカードもあったので、連絡してから売却することにしました
姉は一任すると連絡がありましたが、兄は売れたら明細を見せろ、分け前をよこせなど色々と注文がありました
ビックリマンカード遺産で争うのも面倒なので、兄に一任する予定が…、また揉める始末
何十年経っても兄弟喧嘩をさせるビックリマンカード、おそるべし

ファミコン・スーパーファミコン

・難易度:★★★★
・おすすめ度:★★★
・手に入れる方法:メルカリ・オークション
・価格:~10,000円

次におすすめるのは、ファミコン、スーパーファミコンです。

初代ファイナルファンタジーやドラゴンクエストなどの名作を知っているのは今の40代ではないでしょうか。

学校をさぼって、ファミコンでレベル上げした人もいると思います。

今のゲームは少し取り扱いがしにくい人もきっと当時のゲームでは楽しく遊ぶことができると思います。

実際に子どもとボンバーマンで遊んでみたら?

子どもの頃、深夜を問わずスーパーファミコンの4人用対戦で友人宅で遊んでいました。
負けたり勝ったりすることがすごく楽しい経験でした。
小学生・中学生の娘、妻とボンバーマンをしました。
当時の経験より娘たちの潜在能力の高く、惨敗。
現代っ子、恐るべし。

ドラクエで有名な会社エニックス、ファイナルファンタジーのスクエア
今は合併してスクエアエニックスとしてゲーム会社として日本を代表する会社に成長しています
スライムとチョコボが共存している、不思議と思うのは昭和世代だけでしょうか?

野球盤

・難易度:★
・おすすめ度:★★
・手に入れる方法:おもちゃ・大型電気屋等
・価格:~10,000円 今ではスマホゲームとして遊んでいる人も多いと思います。

子どもと遊ぶ時にお勧めしたいゲームは野球盤。

当時は何度も友だちの家に行き、野球盤で遊びました。

ある日、仲の良かった友だちの家には、東京ドーム版が置いてありました。

革新的なフォークボールは、無敵の必殺技でした。

今になって考えてみると、反則的な技でしたが、当時は考えてなかった気がします。

野球盤から野球のルールを教わった

野球のルールは複雑です。
ボーク、振り逃げなど説明することが難しい。
小学校の頃に友だちから野球盤を通じて野球のルールを教えてもらった。
東京ドームの野球盤。憧れでした。

人生ゲーム

・難易度:★
・おすすめ度:★★★★
・手に入れる方法:大型電気屋、おもちゃ屋、ネットショップ
・価格:~10,000円

人生はルーレットの出た目で決まる。

そして誰でもお金持ちになれる。

お金や人生設計など、非常に楽しいゲームでした。

年齢を問わず、スタートできるゲームです。

プラモデル

・難易度:★
・おすすめ度:★★★★
・手に入れる方法:大型電気屋、おもちゃ屋、ネットショップ
・価格:~1,000円 漢の趣味の代表的なプラモデル

今のプラモデルはプラモデルの切断面がすごく綺麗に切れるそうだけど、昔のプラモデルはいつも爪切りのやすりの部分で削って作りましたね

特に面白かったのは、ミニ四駆です

コロコロコミックをみながら、どうしたら速くなるのかを研究しました

今の子どももミニ四駆で遊ぶと、将来、車を乗る人が増えるのでは?と思います

ミニ四駆あるある?速い方が勝つゲームではない?

ミニ四駆大会に兄が参加しました。普通電池を搭載している兄のミニ四駆は、誰よりもスピードがでませんでした。そのため兄以外の参加者がコースアウトしていく中で、兄が1位でゴールインしました。
兄のミニ四駆を通じて、ウサギ🐇と亀🐢の昔ばなしを思い出しました

現代のミニ四駆に触れてみた

小学4年生の娘と一緒に学校の授業で車のおもちゃを作っていたので、復習を兼ねてミニ四駆を一緒に作りました。当時、流行したエンペラー。当時の思い出がよみがえってきました。
内部はさらに軽量化しており、モーターの位置が変わっていましたね。タミタもさらに進化していました。

まとめ

40代サラリーマンは、大人になる通過点で遊んだ玩具がたくさんありました。

当時は『飽きたから遊ぶのをやめた』こともあるけれど、『早く大人になりなさい、捨てなさい』といった外部からの圧力もあったのかな?と思います。

オタクなれず、僕たちは社会に出てしまった私たち40代になりました。

もう好きな事をしても良いと思ったこの頃です。

今からでも楽しく遊んでみませんか?

gritman

最後まで読んでいただきありがとうございございました

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる