【論文要約/表付き/解釈】『仕事のミス』は『結婚』よりストレス度が1.2倍

ライフイベント(日常生活における出来事)がどれだけストレスになるかを調べた論文の要約しました。

日常生活における出来事が、意外とストレスになっていることが分かります。

今回は紹介するのは、会社員について掲載しますが、本文の方には主婦・学生についてもまとめています。

興味あればぜひ、原文を読んで見て下さい。

・日本の大企業で働く1630人を調査
・結婚をストレス50点として様々なライフイベントのストレスを0-100点で主観的に回答した平均で表しています。

gritman

原文には、主婦・学生などのストレス耐性・回答が掲載されています。興味があれば読んでみてね。

(スポンサーリンク)

目次

人生に起きる【ライブイベント】とストレスの結果

gritman

結婚というイベントを50(真ん中)のストレスと考えたら、どうなるか?をランキングしているよ。

順位ライフイベント点数
1配偶者の死83
2会社の倒産74
3親族の死73
4離婚72
5夫婦の別居67
6会社が変わる64
7自分の病気や怪我62
8多忙による心身の疲労62
9300万円以上の借金61
10仕事上のミス61
11転職61
12単身赴任60
13左遷60
14家族の健康や行動の大きな変化59
15会社の立て直し59
16友人の死59
17会社が吸収合併される59
18収入の減少58
19人事異動58
20労働条件の大きな変化55
21配置転換54
22同僚との人間関係53
23法的なトラブル52
24300万円以下の借金51
25上司とのトラブル51
26抜擢に伴う配置転換51
27子どもが家を離れる50
28結婚50
29性的問題・障害49
30夫婦げんか48
31新しい家族が増える47
32睡眠習慣の大きな変化47
33同僚とのトラブル47
34引っ越し47
35住宅ローン47
36子どもの受験勉強46
37妊娠44
38顧客との人間関係44
39仕事量の減少44
40定年退職44
41部下とのトラブル43
42仕事に打ち込む43
43住宅環境の大きな変化42
44課員が減る42
45社会活動の大きな変化42
46職場のIT化42
47家族メンバーの大きな変化41
48子どもが学校が変わる41
49軽度の法律違反41
50同僚の昇進・昇格40
51技術革新の進歩40
52仕事量の増加40
53自分の昇進・昇格40
54配偶者が仕事を辞める40
55職場関係の仕事の予算がつかない38
56自己の習慣の変化38
57個人的成功38
58妻(夫)が仕事を始める38
59食習慣の大きな変化37
60レクレーションの減少37
61職場関係者に予算がつく35
62長期休暇35
63課員が増える32
64レクレーションの増加28
65収入の増加25

この集計は男女の平均であり、男女別では差を生じることがあります。

男性目線、女性目線で考える、または生活様式、性格などによってストレスには差があります。

あくまでも平均として考えてください。

ライフイベントのストレスをどのように有効に使うか?

実際の生活で発生したストレス度を知ることで、ストレス耐性を知ることができます。

例えば、すでに社内で配置転換となった人のストレス度53となっています。

あなたのストレス度が平均的であれば結婚のストレス度の50より、ややストレスに感じるはずです。

しかしストレス耐性が弱い人は、仕事に行きたくなくなったり、夜間の眠りが浅くなることがあります。

このようにストレスを感じる人は、ストレス耐性に弱い人かもしれません。

自分のストレス耐性について客観的にとらえる手段として使うことができます。

まとめ

社会人=ストレスと考える人もたくさんいると思います。

ストレスと向き合うか逃げ続けるかは、選択することができます。

できる限り余計なストレスから逃げることは大切な選択肢です。

ただし結婚、子どもの受験など逃げることがで、出来ないイベントや望んでいないストレスが舞い込んでくるかもしれません。

そんな時にストレス耐性が弱い人は耐えられないかもしれません。

自分のストレス耐性を知っておくことで、正しい選択を選ぶことができることができるかもしれません。

gritman

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。これからも一緒に頑張っていきましょう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる