子どものための投資の基本:アメリカ人の視点(Bankrate)

https://www.bankrate.com/investing/how-to-teach-kids-about-investing/

今回は『bankrate』におけるミランダ・マーキットさんの記事を参考にしました。

アメリカ人が子どもの投資について知ることで、日本人の子どものお金の教育にいかしていきましょう。

gritman

次世代はもっと金融リテラシーは大幅に高まっているはず。
この記事が次世代の参考になれば嬉しいですね

時間をかけて富を築く最良の方法のひとつが投資であり、若いうちから始めることで将来的な成功率を高めることができます。

しかし、T.ロウ・プライスの2020年の調査によると、49%の子どもが貯蓄口座を持っているにもかかわらず、投資口座を持っているのはわずか6%です。

子どもを将来の成功に導きたいのであれば、投資について学ばせることは良い一歩になります。

実際、バンクレートの最近の調査では、アメリカ人のほぼ5人に1人が、より多くの投資をすることが最大の経済的目標であることが分かっています。

たとえあなたが投資についてあまり知らなくても、子どもたちに投資の基本を教えることはできますし、その過程であなたも少し学ぶことができるでしょう。

「NISA・ジュニアNISA口座の利用状況に関する調査結果(令和3年6月末時点)」https://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20211012.html
総務省統計局
ttps://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi1251.html

米国人の子どもは証券口座の開設は20%、日本人は?

日本人のこどもの数は1493万人、ジュニアNISAの口座は64万3250人。

概算ですが日本人の子どもの証券口座は4.3%。

アメリカ人と比べて金融リテラシーの低いですね。

gritman

ジュニアNISAが廃止になるのは、勿体ない。
18歳という年齢制限を撤廃して、利用用途を限定するなどして継続してほしいですね。

(スポンサーリンク)

目次

お金の教育①貯蓄とお金の管理から始める


子供と一緒に投資に取り組む前に、貯蓄や支出といった基本的な金融の概念から始めるとよいでしょう。

「幼児でも予算の概念は理解できます」と、ナチュラルブリッジ・ファイナンシャル・アドバイザーズの元ファイナンシャル・アソシエイト、モアナ・ウィップルさんは言います。

Whipple氏と彼女のパートナーは、3歳の子供にYouTubeのビデオ手当を与え、ホワイトボードを使って説明することで、予算について教え始めました。

彼女がビデオを見るたびに、ホワイトボードの枠に印をつけていきました。

「彼女はすぐに、昼寝の前に4本のビデオを見たら、残りの時間は1本しか残っていないことを理解しました」とWhipple氏は言います。

子どもたちがこの概念を理解したら、年齢に応じたお金の管理の概念を追加していくことができます。

金融教育サイト「The College Investor」の創設者であるロバート・ファリントン(MBA)は、「子供の成長に合わせて銀行や預金口座を紹介し、お金をどこに預ければいいかを簡単に学べるようにしましょう」と提案しています。

「デビットカードや金銭管理の手助けをし、保護者がコントロールできるような、ティーンエイジャー向けの商品・サービスがたくさんあります」。

子供が高校生になるまでに、デビットカード付きの当座預金口座を(あなたと共同で)持ち、仕事で得た給与の口座振替を設定しておくべきだと、ファリントンは言う。

お金の教育②投資の基本を説明する


お金の基本的な管理ができるようになったら、今度は投資について勉強させ、その仕組みを教えてあげるとよいかもしれません。

まず、株はその会社の所有権を持つことができることを説明するなど、投資の基本から始めます。投資ポートフォリオを持っている場合は、それが複利効果によって何年もかけて成長していく様子を子どもに見せましょう。

正しい」銘柄を選ぶ方法を考えるよりも、最高のインデックス・ファンドを使って即座に分散投資をすることで、リスクを減らすことが可能であることを説明することを考えます。

Whipple氏は、おもちゃを例にして、長続きしないかもしれない流行の投資に注意することを提案しています。

「子供たちは、ベイブレードのような新しいおもちゃの宣伝文句に踊らされて、それが長続きしないことがどんなことか知っています」とWhipple氏は言います。

「おもちゃや流行に関連づけることで、そのアイデアをより具体的にすることができます。

その上、株を贈ることで、途中の選択や失敗を自分でさせることができます。

Stockpileのようなウェブサイトでは、親権者の口座を設定すれば、端株を簡単に子供に贈ることができる。

ファリントンは、彼が赤ん坊の時に両親が口座を開設し、高校生になると、投資の選択やポートフォリオ追跡ツールにアクセスできるようにしたと指摘しています。

100ドルからでもよいので、資産の増やし方を学ぶにはよい方法だという。

お金の教育③口座を開設する


子供に投資を始めさせる最も良い方法の一つは、子供の代わりに口座を開設することです。

未成年者は自分の口座を持つことはできないが、親権者の口座を開設することは可能だとファリントンは指摘する。

Stash、Stockpile、Acornsはすべて、子どもの代わりに貯金することができます。

Wealthfrontでは、529プランを使って大学のために貯金することもできます。

Whipple氏は、子供が早いうちから投資できるように、税制上の優遇措置を受けられるカストディアンRoth IRAを開設することを提案しています。

「子供がベビーシッターやその他の仕事で収入を得た場合、その収入を上限としてRoth IRAに寄付することができます」とWhipple氏は言います。

「この口座は、収益が非課税で成長し、最初の住宅購入などのために早期に利用することができるので、子供の投資にとって理想的な口座です」。

口座を開設するには、自分の社会保障番号、子どもの本名、社会保障番号などの情報が必要です。

ウィップルさんが指摘するように、親権者の口座は、子供がその州で成人したとき、つまり通常18歳か21歳になったときに、子供に返還される。そうなれば、そのお金は自分のものになるのです」。

お金の教育④投資の勉強を続ける:子供の興味を引きつけるには


投資について教えるのは、口座を開設したら終わりではない。

損失、利益、失敗について話し合うなど、子供の投資について継続的に対話する必要があるとファリントンは述べています。

投資ブロガーぐりっとの子どものお金の教育

お金の教育として、おこづかいをわたして自分で管理させています。

最近では13歳の娘には円安問題、物の値段について説明しました。

話をして気づいたことは、子どもにリアリティを持たせながらお金の話ができるのか?だと思う。

子どもたちに興味を持って聞いてもらえるように説明するコミュニケーション能力が求められます。

LINE証券開設はこちら…気軽に始められる。ノーリスクで最大3000円

LINE証券

SBI証券開設はこちら。ネット証券NO1

まとめ・感想

金融リテラシーは米国の方が高いが、日本の金融リテラシーは低い。

ジュニアNISAを開設、お金の教育をしている親子は少数派。

将来、何をするにしても知識は邪魔になりません。

一緒にお金の教育に取り組んでいきましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる