【警告/情報】S&P500に投資しているすべての投資家に警告します!

gritman

海外記事を日本語訳しています。
気になる人は原本で確認してください。

要約

・S&P500のアウトパフォーマンスが10年間続いた後、ウォーレン・バフェットは投資家に対して、将来は過去とは著しく異なるものになる可能性があると警告しています。
・リターンはどこから来るのか、平均への回帰はどのように起こるのか、そして投資家はそれに対して何ができるのかについて掘り下げていきたい。
・バンガード社のS&P500 ETFは、今後10年間、年率わずか6%のリターンで投資家を失望させる可能性が高い。

パートナー  Girit Lady

年利わずか6%、失望させる可能性?
とんでもない複利が働いている気がするけれど?

gritman

投資家目線、アメリカ人目線でどんなふうに考えているか?
日本人にはない考え方を知ることができる記事だよ。

(スポンサーリンク)

目次

内容

S&P500はインデックス投資家にとって金字塔です。

このインデックスは、過去10年間、他のあらゆるグローバルインデックスを圧倒してきました。

Chart

強気相場のピーク時、2021年のバークシャー年次総会で、ウォーレン・バフェットは投資家に不吉な警告しました。

彼は、時価総額で世界最大の企業を並べたチャートを提示したのです。

World's Largest Companies By Market Cap 2021

これらの企業の大半が米国の企業であることに注目してください。

今日まで早送りしてみると世界で最も価値のある企業のうち、さらに75%が米国の企業です。

だから、それでいいんでしょか?

そうではないかもしれません。

米国は世界のGDPの16%しか占めていない。

さらに恐ろしいことに、この数字は減少すると予想されている。

S&P500は糸でぶら下がっている、その糸とはグローバリゼーションだ。

次のスライドで、バフェットは1989年の世界で最も価値のある企業を紹介している。

World's Largest Companies By Market Cap 1989

このスライドについて、バフェット氏は悲痛な警告をしている。

「日本は長い間、素晴らしい強気相場が続いたので、リストに日本企業がたくさん入っていた。今日、その数はゼロだ」

世界は非常にドラスティックに変化するものである。

この記事では、私たちが考える未来の姿だけでなく、それにどう対処していくかを紹介します。

私たちは、バンガードS&P500 ETF (NYSEARCA:VOO) が今後10年間、年率わずか6%という圧倒的なリターンを実現すると予想しています。

gritman

日本人としては非常に残念なニュースですが事実なので仕方がないです。

リターンはどこから来るか


リターンは基本的に、収益成長、マージン拡大、倍率拡大(PER)、配当、自社株買いの5つの要素からもたらされます。

過去10年間、S&P500種指数はこれらすべての要素に恵まれていました。

企業は収益を伸ばし、さらに利益を拡大していた。

S&P 500 Operating Margins

利幅が過去最高となった原因は何でしょうか。

規制のない技術独占、グローバリゼーション、低い法人税、好景気、貨幣の創出、ゼロ金利、などなど、数え上げればきりがないほどです。

これらはすべて持続可能なのでしょうか?

私たちは、その答えは「ノー」だと考えています。

その上、企業は昔ながらの配当を忘れ、こぞって自社株買いを始めた。

この買い戻しはあまり賢明なものではなかったと言えよう。

多くの企業が利益の30倍以上の株式を買い戻していたのだ。

10年後にこの時代を振り返ったとき、「彼らは何を考えていたのだろう?

彼らはCEOのボーナスを現金化するために、株価とEPSを上昇させていたようだ。

一方、投資家には還元されるか、事業の成長に使われるはずだった大量の資金が吹き飛んだままになっている。

その結果、簿価は散逸してしまった。

もし収益が減少すれば、S&P500の底値はもっと長い道のりになります。

S&P 500種指数は2009年に株価純資産倍率が1.78倍で底を打ちました。

もしそれが再び起こるとしたら、S&P 500種指数は今日の水準からさらに53%下落することになります。

痛い。

S&P500の株価純資産倍率:

S&P 500 Price to Book Value
S&P 500 Price to Book Value (Multipl.com)

長期的なリターン


S&P 500種指数は1980年以降、1株当たり利益を年率6.5%で成長させてきました。

今後、収益にはいくつかのポジティブな要素があると思われます。

S&P 500種指数は今後も成長を続けると予想されます。

業務のデジタル化と自動化が進むことは、長期的な利益率にプラスに働くはずです。

人工知能もビジネスにとって好材料です。

小規模ではありますが、セルフレジは給与経費を削減し、食料品店をより効率的にしています。

また、自動化によって自動車メーカーの効率が上がったのは有名な話です。

これはほんの始まりに過ぎない。

A.I.は今後数十年の間に手作業の必要性を減らすかもしれないが、他の分野では新しい仕事が生まれ、一般的な給与水準は上昇し続けるはずである。

米国の賃金は2032年まで年率4.8%で成長すると予測されている。

これはアメリカの消費者の支出力を高めることになります。

全体として、私たちの生活はまだ想像もつかないほど向上し、企業はその分け前を得ることになるでしょう。

2032年の目標株価は532ドルで、配当再投資で年率6%のリターンを見込んでいます。

VOOの1株当たり利益は18.90ドルです。年率6.5%の成長率では、2032年に一株当たり35.48ドルになります。

S&P500の中央値PEは利益の15倍で、これが今回の計算における終値倍率となります。

我々は、金利とバリュエーションの両方が最終的に長期的な平均値に戻ると予想しています。

gritman

年利6%で十分だと思いますが、
アメリカ人は強欲ですね。

(年率6%で満足しない場合)どうすればいいのか


年率6%のリターンに満足できないのであれば、2つの選択肢がある
と考えます。

1) グローバルな投資家になる


世界のバリュエーションはかなり低く、今後数十年間は多くの国が米国を上回る成長を遂げるだろう。

グローバルに見ると、投資家のために複数の拡張が機能し、年率15%までのリターンが見込めます。

群を抜くリターンを得るには、群衆とは逆の動きをしなければならない。

アメリカの投資家テッド・ウェスラーは、個人投資で市場を席巻した後、

「市場で成功するためには、”変幻自在の認識 “を持つことだ」とアドバイスしている。

全世界がアメリカのビジネスをオーバーウェイトしていることは明らかである。

Share of Global Market Cap
Share of Global Market Cap (Statista)

2)ディープバリュー投資家になる


S&P 500種指数は何十年も低迷しているが、バフェットは苦難を乗り越え、年利20%を達成した。

彼は、市場よりも明らかに安価な優良企業を購入することによって、これを実現した。

まとめ

結論

Vanguard S&P 500 ETF は、今後 10 年間は投資家を失望させる可能性が高い。

この指数は、複数の拡張、好景気、連邦政府の支援、自社株買いの波から利益を得てきました。

平均への回帰が再び頭をもたげようとしています。

S&P500は1980年以降、年率わずか6.5%の収益成長率で、PE中央値はわずか15倍である。

賢明な投資家は、異なる認識を持ち、グローバルに投資し、ディープバリューを買うことで、期待はずれの10年を回避することができます。

gritman

思っていた以上に欲深いニュースでした。
長期投資家は今までどおり着実に年率3-6%を狙っていきましょう。

応援\よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
サラリーマン投資家ランキング
ぐりっと(gritman)
  • 41歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:ポジティブと継続力で勝負する
最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次