【米国投資/紹介/配当貴族】インカム投資家に最適な3つの配当貴族銘柄

配当を狙う投資は、市場参加者がポートフォリオを構築する際によく使う戦略。

結局のところ報酬を得ることを喜ばない人はいません。

市場全体が低迷している時、インカムストリームはポジションのドローダウンを軽減するのに役に立ちます。

S&P 500種構成企業の大半は配当金を出しており、これはその企業が堅実な財務と成功したビジネスモデルによって確立されたものであることを示しています。

配当貴族とは投資家に対して継続的に配当金を支払うだけでなく、毎年配当金の額を増やしている企業のことを指します

配当貴族とは?

S&P500銘柄

・25年連続で増配している

配当貴族は一般的に、加速度的な成長が見込めない大企業であり、多くは経済状況の良し悪しに関わらず、安定した利益を享受している。

キャタピラーCAT、ジョンソン・エンド・ジョンソンJNJ、コカ・コーラKOの3つの配当貴族は、いずれも年初来で堅調な株価パフォーマンスを記録しています。

下図は、S&P500をベンチマークとしてブレンドしながら、3社の年初来のパフォーマンスを示したものである。

Zacks Investment Research
画像の出典はこちら ザックス・インベストメント・リサーチ

3社の株価は2022年を通してプラスのリターンを記録しており、これらの企業がほとんどどんな嵐も切り抜けることができるという事実をさらに釘付けにしている。

では、なぜこれらの企業がインカム投資家にとって素晴らしい賭けであるのか、その理由を説明しよう。

gritman

この記事でお勧めしている銘柄は、
KO・JNJ・CATだよ。

JNJ【ジョンソン・エンド・ジョンソン】

ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJは、医療機器、医薬品、消費者向けパッケージ商品を開発する米国の多国籍企業である。

ニュージャージー州に本社を置くJNJは、1886年創業の歴史ある企業です。

JNJは60年連続で増配しており、配当貴族だけでなく、配当王にもなっている – 配当王は少なくとも50年連続で増配している。

配当王とは50年以上連続で増配している企業のことで、JNJは配当王と呼ばれ、エリート集団の一角を占めている。

配当利回りは2.5%で、配当性向は利益の43%と持続可能である。

さらに5年間の年率換算配当成長率は5.8%と注目すべき数字です。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの利回りは、S&P500の利回りよりはるかに高い。

Zacks Investment Research
画像の出典はこちら ザックス・インベストメント・リサーチ

JNJは魅力的なバリュエーション水準も持っている。

現在の将来利益倍率は17.3倍で、2020年の高値20.2倍を大きく下回り、5年間の中央値17.0倍をわずかに上回る程度です。

さらに、S&P 500の17.9倍と比較すると、3%のディスカウントとなる。

Zacks Investment Research
画像の出典はこちら ザックス・インベストメント・リサーチ

また、同社は有利子負債のプロファイルを有している。

JNJの有利子負債比率は2022年3月時点で27.9%と報告されており、2021年12月の28.8%の値より低くなっています。

さらに、同比率は18年度の31.7%から低下している。

一般的に、比率が低いほど財務リスクが低いことを意味する。

Zacks Investment Research

画像の出典はこちら ザックス・インベストメント・リサーチ

KO【コカ・コーラ】

コカ・コーラ社(The Coca-Cola Company KO)は、主に主力飲料のコカ・コーラで知られるアメリカの多国籍飲料企業です。

同社は、他のノンアルコール飲料の製造、販売、マーケティングを行っています。

JNJと同様、コカ・コーラも配当貴族であることに加え、配当王です。同社は、なんと60年連続で増配しており、エリート中のエリートです。

コカ・コーラの年間配当利回りは2.8%で、配当性向は利益の73%である。

また、5年間の配当成長率は年率3.09%と堅調であり、配当利回りはS&P500のそれを大きく上回っている。

Zacks Investment Research
Image Source: Zacks Investment Research

KOの将来利益倍率は25.5倍とやや割高ですが、現在の株価は2020年の高値29.1倍を大きく下回り、5年間の中央値24.3倍をわずかに上回る程度です。

株価はS&P 500種指数に対して43%のプレミアムとなっています。

Zacks Investment Research
画像の出典はこちら Zacks Investment Research社

フリーキャッシュフローの伸びも注目すべき点である。

21年度のフリーキャッシュフローは113億ドルと発表され、20年度から28%増加した。

さらに、フリーキャッシュフローはFY18から67%伸びている。

Zacks Investment Research

CAT【キャタピラー】

Caterpillar CAT は世界最大の建設機械メーカーである。

同社は、機械、エンジン、金融商品、保険の設計、開発、エンジニアリング、製造、マーケティングを行い、顧客に販売している。

CATは28年連続で増配しており、配当貴族の条件を満たしている。

KOやJNJとは異なり、同社は配当王のエリート集団に入る前にカバーすべき領域がある。

同社は、年間配当利回りが1.9%で、配当性向は利益の41%で維持されており、株主に報いている。

また5年間の配当成長率は年率9.2%であり、注目に値する。

Zacks Investment Research
画像の出典はこちら Zacks Investment Research(ザックス・インベストメント・リサーチ)

CATの予想収益倍率は18.2倍で、2020年の高値33.6倍に遠く及ばず、過去5年間の中央値17.7倍を僅かに上回っているに過ぎません。

この数値は、S&P 500の予想PER 17.9倍に対して2%のプレミアムとなります。

画像の出典はこちら Zacks Investment Research(ザックス・インベストメント・リサーチ)

同社の1株当たり簿価は着実に上昇しており、2018年から31%近く上昇し、2022年3月には最新の報告値である1株当たり32.10ドルを記録している

画像の出典はこちら Zacks Investment Research(ザックス・インベストメント・リサーチ)

結論

収入のための投資は、常に市場内で展開される堅実な戦略である。

企業が一貫して配当を増やしている場合、それは一般的に、強固な財務の健全性と事業運営の成功の証である。

上記の3社はいずれも配当貴族であり、少なくとも25年連続で増配していることを意味する。

コカ・コーラとジョンソン・エンド・ジョンソンの2社は、50年以上の増配を誇る「配当王」でもある。

堅実な市場リターンとともに、確実な収入の流れを加えたいと考えている投資家にとって、上記の3社はいずれも素晴らしいスタート地点となるであろう。

gritman

インデックスと高配当株銘柄の組み合わせが流行しています。
配当貴族を高配当銘柄として活用していくことは1つの答えかも?


サラリーマン投資家ランキング

応援\よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)
  • 41歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:ポジティブと継続力で勝負する
最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次