【情報/配当貴族/S&P500】磨き抜かれた配当貴族VSライバル不在のS&P500、結果を出し続けるのはどちらか?

配当貴族とはS&P500指数に含まれる企業のうち少なくとも25年連続で毎年基本配当を支払い、かつ増配している企業を指します

S&P500指数を保有するS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社は、毎年対象企業のリストを見直し、配当貴族企業のリストを更新しています。

配当貴族は、その素晴らしい成長実績から、保有すべき最も魅力的な配当銘柄の一つとなっています。

ぐりっと

今回の記事は、こちらの記事を参考にしています。

この記事はこんな人におすすめ

・配当貴族について、くわしく知りたい

・配当貴族やインデックス投資のどちらが良いか知りたい

記事のまとめ

配当貴族とはS&P500指数に含まれる企業のうち少なくとも25年連続で毎年基本配当を支払い、かつ増配している企業

・配当貴族は65社存在して、2022年にサプライズ的な減配がなければ継続される可能性が高い。

・配当貴族は信頼・業界のリーダー・ボラティリティの低さは魅力。

・S&P500と配当貴族では、近年ではS&P500の方が優位な成績。

・配当貴族をお勧めできる人は、年金、FIRE向けの投資戦略か。

ぐりっと

リセッション時期には、高配当は注目されます。
ぜひ、有効活用していきましょう。

(スポンサーリンク)

目次

配当貴族銘柄リスト


2022年6月22日現在、65社の配当貴族が存在します。

各銘柄が何年連続で増配しているかで分類した全リストです。

CompanySectorConsecutive Years of Dividend Growth
Dover (NYSE:DOV)Industrials66
Genuine Parts (NYSE:GPC)Consumer discretionary66
Procter & Gamble (NYSE:PG)Consumer staples66
Emerson Electric (NYSE:EMR)Industrials65
3M (NYSE:MMM)Industrials64
Cincinnati Financial (NASDAQ:CINF)Financials61
Coca-Cola (NYSE:KO)Consumer staples60
Johnson & Johnson (NYSE:JNJ)Healthcare60
Colgate-Palmolive (NYSE:CL)Consumer staples59
Illinois Tool Works (NYSE:ITW)Industrials58
Hormel Foods (NYSE:HRL)Consumer staples56
Stanley Black & Decker (NYSE:SWK)Industrials54
Federal Realty Investment Trust (NYSE:FRT)Real estate54
Sysco (NYSE:SYY)Consumer staples53
W.W. Grainger (NYSE:GWW)Industrials51
Becton, Dickinson & Co. (NYSE:BDX)Healthcare50
PPG Industries (NYSE:PPG)Materials50
Target (NYSE:TGT)Consumer discretionary50
AbbVie (NYSE:ABBV)Healthcare50
Abbott Laboratories (NYSE:ABT)Healthcare50
Kimberly Clark (NYSE:KMB)Consumer staples50
PepsiCo (NASDAQ:PEP)Consumer staples49
Nucor (NYSE:NUE)Materials49
S&P Global (NYSE:SPGI)Financials49
Archer-Daniels-Midland (NYSE:ADM)Consumer staples49
Walmart (NYSE:WMT)Consumer staples49
VF Corp. (NYSE:VFC)Consumer discretionary48
Consolidated Edison (NYSE:ED)Utilities48
Lowe’s (NYSE:LOW)Consumer discretionary48
Automatic Data Processing (NASDAQ:ADP)Information technology47
Walgreens Boots Alliance (NASDAQ:WBA)Consumer staples46
Pentair (NYSE:PNR)Industrials46
McDonald’s (NYSE:MCD)Consumer discretionary45
Medtronic (NYSE:MDT)Healthcare45
Sherwin-Williams (NYSE:SHW)Materials44
Franklin Resources (NYSE:BEN)Financials40
Air Products & Chemicals (NYSE:APD)Materials40
Aflac (NYSE:AFL)Financials39
Amcor PLC (NYSE:AMCR)Materials39
ExxonMobil (NYSE:XOM)Energy39
Brown-Forman (B Shares) (NYSE:BF.B)Consumer staples38
Cintas (NASDAQ:CTAS)Industrials38
Atmos Energy Corporation (NYSE:ATO)Utilities38
McCormick & Co. (NYSE:MKC)Consumer staples36
T. Rowe Price Group (NASDAQ:TROW)Financials36
Cardinal Health (NYSE:CAH)Healthcare36
Clorox (NYSE:CLX)Consumer staples35+*
Chevron (NYSE:CVX)Energy35
Ecolab (NYSE:ECL)Materials30
A.O. Smith (NYSE:AOS)Industrials30
West Pharmaceutical Services, Inc. (NYSE:WST)Healthcare29
Linde (NYSE:LIN)Materials29
Roper Technologies (NYSE:ROP)Industrials29
Caterpillar (NYSE:CAT)Industrials29
Chubb (NYSE:CB)Financials29
Expeditors International of Washington, Inc. (NASDAQ:EXPD)Industrials29
Albemarle Corp. (NYSE:ALB)Materials28
Essex Property Trust, Inc. (NYSE:ESS)Real estate28
Realty Income Corporation (NYSE:O)Real estate28
International Business Machines (NYSE:IBM)Information technology28
NextEra Energy Inc. (NYSE:NEE)Utilities28
Brown & Brown (NYSE:BRO)Financials28
Church & Dwight (NYSE:CHD)Consumer Staples26
General Dynamics (NYSE:GD)Industrials25
2022年6月22日現在のデータ。出典:S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスおよび会社のファイリング。*入手可能な最良のデータによる。

配当王になるためには、企業は毎年信じられないほどの50年連続で配当を増やしている必要がありますが、S&P500に含まれている必要はありません。

2022年の配当貴族の変更

次の企業は、2022年の配当貴族リストから削除されました。

  • People’s United Financialは、2022年4月にM&T Bank NYSE:MTB )に買収さ れ、インデックスから削除されました。
  • AT&T NYSE:T)は、2022年後半に配当を削減する計画が発表されたため、1月に削除されました。

2022年初頭に2社が配当貴族リストに加わりました。

  • Brown&Brownが2022年2月1日に追加
  • Church & Dwightは2022年2月1日に追加

この基準により、企業はリストに載ることが困難になっています。

サプライズ的な減配がない限り、今年の配当貴族リストには大きな変更はなさそうである。

配当貴族銘柄の選定方法

  1. S&P500のメンバーであること。
  2. 1株当たりの基本配当(特別配当を除く)を25年以上連続して毎年増配していること*。
  3. 浮動株調整後の時価総額が30億ドル以上(インサイダーや創業者が所有する「密接保有株」を除く)であること。
  4. 過去3か月間の1日あたりの平均株式取引額は少なくとも500万ドルであること。

*注:インデックスマネージャーは、セクターエクスポージャーの目的ですべての基準を満たしていない会社を追加できます。

ぐりっと

この基準では、企業がリストに載るのは難しい。
しかし、一度リストに載った企業は、そのまま残り続ける可能性が高い。

配当貴族リストはいつ更新される?


配当貴族リストは、S&P Dow Jones Indicesによって定期的に更新されています。

毎年1月に1度、要件に基づいて企業の追加と削除が行われます。


各四半期の初めに、インデックスの再計量が行われます。これは、各構成銘柄の規模がリセットされ、すべての銘柄がインデックスに占める割合が等しくなるようにすることを意味します。

まれに、配当貴族銘柄のステータスを失うことがあります。


配当貴族指数に大きな変動はないが、景気後退期にはより多くの企業がその地位を失う傾向にある。

2009年と2010年には、世界的な金融危機の影響で減配となり、合計19社(うち半数は銀行・金融機関)がリストから外れました。

配当貴族に投資するべき?


歴史的にみれば価値はありますが、あなたが投資に何を求めているかによります。

配当貴族への投資の長所は以下の通りです。

・信頼性…配当投資のファンは、信頼できる収入源を高く評価しています。
・業界のリーダーである…キャッシュフローが安定しており、毎年素晴らしい収益をあげている業界のリーダー。
・ボラティリティの低さ…配当貴族は、一般的な市場よりも変動が少ないです。

しかし直近では、配当貴族銘柄は、S&P500のトータルリターンを下回っています。

下のチャートは、2013年後半の運用開始以来、ProShares S&P 500 Dividend Aristocrats ETF (NYSEMKT:NOBL) インデックス・ファンドが配当込みのトータルリターンでどのように推移してきたかを示しています。

NOBL Total Return Level Chart
NOBL Dividend data by YCharts

では、なぜ投資家は今なおS&P配当貴族に注目するのだろうか。

配当の成長に関して言えば、配当貴族は絶対的に輝いています。

ProShares S&P 500 Dividend Aristocrats ETFが2014年初頭に最初の配当を支払って以来、Dividend Aristocrats IndexはS&P 500よりもはるかに速いペースで配当金を増やしてきました。

NOBL Dividend data by YCharts

配当成長率を最大化したい投資家にとって、配当貴族は依然として魅力的です。

配当貴族銘柄を個別に購入すべき?


長期的・短期的な目標と、どのような企業を保有したいかということが関係してきます。

例えば、目先の利益を求めるのであれば、配当金の低い会社は避けた方がよいかもしれません。

長期的な成長を重視するのであれば、配当金が低くても、より高い成長が期待できる配当貴族を購入したほうがよいかもしれません。

自分の投資スタイルや目標に合わせて個別銘柄を選ぶにせよ、社会的責任投資の目標など他の理由から選ぶにせよ、配当貴族は最高クラスの配当成長株を見つけるための優れた出発点となりえるのです。

まとめ

意外にも配当貴族ETFも善戦していました。

しかし配当貴族ETFは日本で買えません。(割高な投資信託はおすすめしません)

配当貴族の個別株で購入するか、今まで通りVOOに投資する方が効率が良いかもしれません。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)
  • 42歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:行動力と継続力で勝負する
最後まで
読んでくれて
ありがとう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次