【配当王/おすすめ銘柄】2022年配当王銘柄と推し配当王銘柄

gritman

配当銘柄の中で最も優秀な称号とは?

パートナー  Girit Lady

配当貴族(Dividend Aristocrats)でしょう?
配当貴族の銘柄はS&P500の構成銘柄で、少なくとも25年連続で増配している。

gritman

さらに優秀な配当の称号がある。
それが『配当王』です。
配当王とはS&P500の構成銘柄のうち、少なくとも50年連続で配当金を増やしている銘柄のことです。。

パートナー  Girit Lady

50年…。私たちより年上。

gritman

ここでは配当王銘柄の紹介とおすすめを紹介します

(スポンサーリンク)

目次

2022年配当王

2022年6月1日現在、配当王として認定されているのは44銘柄のみです。

COMPANYSECTORCONSECUTIVE YEARS OF DIVIDEND INCREASES
American States Water (NYSE:AWR)Utilities67
Dover Corporation (NYSE:DOV)Industrials66
Northwest Natural Holding (NYSE:NWN)Utilities66
Genuine Parts (NYSE:GPC)Consumer cyclical66
Emerson Electric (NYSE:EMR)Industrials65
Procter & Gamble (NYSE:PG)Consumer defensive65
Parker Hannifin (NYSE:PH)Industrials65
3M (NYSE:MMM)Industrials64
Cincinnati Financial (NASDAQ:CINF)Financial services62
Coca-Cola (NYSE:KO)Consumer defensive60
Colgate-Palmolive (NYSE:CL)Consumer defensive60
Johnson & Johnson (NYSE:JNJ)Healthcare59
Lowe’s (NYSE:LOW)Consumer cyclical59
Lancaster Colony (NASDAQ:LANC)Consumer defensive59
Nordson (NASDAQ:NDSN)Industrials58
Farmers & Merchants Bancorp (OTC:FMCB)Financial services58
Hormel Foods (NYSE:HRL)Consumer defensive56
California Water Service Group (NYSE:CWT)Utilities55
Stepan (NYSE:SCL)Basic materials55
Stanley Black & Decker (NYSE:SWK)Industrials54
Federal Realty Investment Trust (NYSE:FRT)Real estate54
SJW Group (NYSE:SJW)Utilities54
Commerce Bancshares (NASDAQ:CBSH)Financial services54
ABM Industries (NYSE:ABM)Industrials54
Sysco (NYSE:SYY)Consumer defensive52
H.B. Fuller (NYSE:FUL)Basic materials52
Altria Group (NYSE:MO)Consumer defensive52
Black Hills Corp. (NYSE:BKH)Utilities51
National Fuel Gas (NYSE:NFG)Energy51
Universal Corporation (NYSE:UVV)Consumer defensive51
W.W. Grainger (NYSE:GWW)Industrials50
PPG Industries (NYSE:PPG)Materials50
Target (NYSE:TGT)Consumer defensive50
Abbott Labs (NYSE:ABT)Healthcare50
AbbVie (NYSE:ABBV)Healthcare50
Becton, Dickinson & Co. (NYSE:BDX)Healthcare50
Kimberly Clark (NYSE:KMB)Consumer staples50
MSA Safety (NYSE:MSA)Industrials50
Tennant (NYSE:TNC)Industrials50
Nucor (NYSE:NUE)Basic materials50
PepsiCo (NASDAQ:PEP)Consumer staples50

2021年の配当王リストには、消費者防衛と工業の2つのセクターが10銘柄を占めています。

また、ヘルスケア関連銘柄と公益事業関連銘柄が4銘柄ずつ入っている。

これは驚くことではありません。

これらのセクターの企業は、配当金を支払う傾向がある。

また、多くは長い間操業している。

「配当王」に特化した上場投資信託(ETF)はない。

gritman

しかし、ProShares S&P 500 Dividend Aristocrats ETF (NYSEMKT:NOBL) は、すべての配当貴族銘柄の株式を保有しています。配当王は配当貴族でもあるので、このETFに投資すれば、配当王のほとんどを一度に買うことができます(他にも増配実績のある銘柄がたくさんあります)。

2022年の変化

gritman

これらの配当王のほとんどは、2022年を通してリストに残る可能性が高い。

パートナー  Girit Lady

なぜ変わらないの?

gritman

50年以上にわたって増配を続けている企業には、その連勝を維持するために多大なプレッシャーがかかる。
素晴らしい配当の実績を台無しにしたリーダーとして知られることを望むCEOはいない。

しかし、増配中であっても、リストから外れてしまう企業もある。

例えば、レゲット・アンド・プラット(NYSE:LEG)は2021年12月にS&P500から追い出された。

そして、配当王リストに新たに加わる企業も出てくる可能性が高い。

もちろん、これらの企業が配当王の仲間入りをする保証はない。

しかし、現在の配当王たちが増配を続ける動機づけとなっているのと同じ要因が、脱落間近の企業にも動機づけを与えているのである。

2022年の推し配当王銘柄


2022年に多くの銘柄に影響を与える2つの重要な要因がある。

・COVID-19のパンデミックから脱却
・金利


これらの要因は、ある銘柄には有利に働くが、他の銘柄には不利に働く可能性がある。

ここでは、2022年に勝者となるべき5つの配当王銘柄を紹介する。

JNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)


ジョンソン・エンド・ジョンソンは、世界がCOVID-19パンデミックから脱却することで恩恵を受けるだけでなく、それを実現する鍵となるヘルスケア大手である可能性があります。

J&Jはコロナウイルスワクチン市場のリーダーの一角を占め、ワクチン銘柄の中でも最大手です。

同社はパンデミックの期間中、COVID-19ワクチンを原価で販売することを約束した。

しかし、J&Jには他にも利益を押し上げる医薬品がいくつも市場に出ている。

自己免疫疾患治療薬のステララとトレムフィア、血液がん治療薬のダーザレックスとイムブルビカは、特に大きな利益を上げ続けている。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは2023年にコンシューマーヘルス部門を分社化する予定だ。

この動きにより、同社はより急成長している医療機器と医薬品事業を残すことになる。

gritman

配当利回り2.55%
(2022/6/30)

FRT(フェデラル・リアルティ・インベストメント・トラスト)


フェデラル・リアルティ・インベストメント・トラストは、2022年にCOVID-19の症例が大幅に減少すれば、確実な勝者となるようだ。この不動産投資信託(REIT)は、100以上の小売物件を所有している。

コロナウイルスの懸念が薄れれば、同社のテナントは財政的に強くなるはずだ。そうなれば、フェデラル・リアルティが支払うべき経常賃料の割合が高くなり、回収の見通しがよくなります。

フェデラル・リアルティは、金利が比較的低いままであれば、その恩恵も受けられるはずです。REIT は通常、新規物件の購入のために資金を借り入れなければなりません。金利が低ければ、これらの企業が支払わなければならない金利負担が軽減されます。金利の引き上げが予想されていますが、それでも比較的低い水準にとどまるはずです。

gritman

配当利回り4.42%
(2022/6/30)

SYY(シスコ)

シスコは、COVID-19のパンデミックの最悪の時期に、多くの投資家が避けたがっていた銘柄です。

シスコの外食顧客の多くがパンデミックの影響を受け、その結果、2020年と2021年に同社の売上高は減少することになった。

しかし、パンデミック時に避けるべき銘柄は、コロナウイルスの危機が収まった時に急騰する銘柄かもしれない

2022年にアメリカ人が過去の外食水準に戻れば、シスコはしっかりと回復するはずだ。

同社は、パンデミックが終わったとき、顧客基盤がこれまで以上に忠実であることに気づくかもしれない。

シスコは、外食産業の顧客がコロナウイルスの問題に対処できるよう、屋外での食事シーズンの延長や収益性を高めるためのメニューの見直しなど、懸命に支援しています。

gritman

配当利回り2.30%
(2022/6/30)

L【ロウズ】


住宅設備小売大手のロウズは、2020年のパンデミックの最悪期にもかなり良い業績を残しました。

多くの米国住民が住宅改修プロジェクトに着手したため、同社の売上と利益は急増した。

ロウズは2021年もその勢いを維持した。

2022年には、大型でかさばる商品を配送センターから顧客の自宅に直接配送し、同社の店舗を完全に回避する配送モデルへの移行により、売上高が増加すると予想されている。

金利が比較的低い水準にある限り、住宅販売は好調に推移するはずです。

新しい家を購入する人は、まず古い家を修理しなければならないことが多いので、ロウズにとってはビジネスの拡大につながる可能性があります。

gritman

配当利回り0.42%
(2022/6/30)

SWK【スタンレー・ブラック・アンド・デッカー】


ロウズと同じトレンドは、スタンレー・ブラック&デッカーにも当てはまります。

同社のDIY用工具の売上は、パンデミック(世界的大流行)時に急増した。

また、ロウズと同様に、スタンレー・ブラック・アンド・デッカーのDIY市場向け工具の売上も、低金利が続く限り伸び続けるはずだ。

新築の家を購入することを前提に、既存の家の修繕を始める人は多く、そのための工具が必要となる。

スタンレー・ブラック・アンド・デッカー社の他の事業も、パンデミック時の閉鎖で大きな打撃を受けた後、立ち直ってきている。

同社は、屋外用電動機器を製造するMTDホールディングスを買収したことで、さらなる成長を遂げるはずだ。

gritman

配当利回り2.98%
(2022/6/30)

なぜ配当王銘柄に投資するのか?


配当王は、必ずしもすべての投資家に適しているわけではありません。

これらの銘柄の多くは、比較的低い成長率を実現することが多い。

例えば、最も長い増配記録を持つ5つの配当王のうち4つは、過去10年間、S&P500をアンダーパフォームしています。

しかし、配当王はリタイアメント・ポートフォリオの素晴らしい構成要素になり得ます。

これらの銘柄のほとんどは、S&P500構成銘柄の平均配当利回りよりも高い配当利回りを実現しています。

また、配当金の支払いや増配の一貫性は、保有する配当銘柄が生み出す収入に頼っている退職者にとって、信頼の指標となり得るものです。


サラリーマン投資家ランキング

応援\よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)
  • 41歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:ポジティブと継続力で勝負する
最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次