2022年夏の投資トレンド3選(ドルの崩壊、加速する社会、デジタルの移行)


海外のニュースサイトを知ることは、未来の日本を知ることです。

そして個人投資家としても海外の記事を知ることができます。

積極的に情報を入手することで情報社会を生き抜いていきましょう。

今回の記事は、こちらを参考にしています。

2022年に向けて投資市場の変動がさらに激しくなる中、投資家はどのような要因が市場に影響を与えているかを知り、十分な情報を得た上で戦略的な意思決定を行うことが重要です。

ここでは、この夏、投資家が注目すべきトレンドのトップ3を紹介します。

(スポンサーリンク)

目次

1,ドルの崩壊


ビットコインに対するドルの価値は、暗号のような分散型通貨がこの分野で持っている効果を強調しています。

過去5年間にドルがBitcoinに対してどれだけ切り下がったかを見ると、96.53%にとどまっています。

金に対して50%価値が下がるには50年かかりました。

これは、世界的な債務危機が原因です。

チーフエコノミストは、国の通貨をさらに印刷し切り下げることが、債務危機から抜け出す最も簡単な方法だと言っています。

1700年以降に存在した約750の通貨のうち、残っているのは約20%で、残っている通貨はすべて切り下げられている。

もう一つの理由は、インフレだ。

40年ぶりの高水準にある。

多くの人は、ウクライナ戦争や家賃の値上げにインフレの原因を求めるだろうが、そうではない人も多い。この10ヶ月で米ドルの35%が印刷された。

実際には、パンデミック後の世界経済が再び立ち上がり始めると、この記録的なドル増産がインフレを通じて追いついてくるということである。

これは米国だけの現象ではなく、ユーロ圏でも起こっている。

インフレに対抗するために国ができることは、実はほとんどない。

主な選択肢は、通貨を増刷し、現物通貨の保管や移動にかかる費用を高くすることである。

これは金利を上昇させ、成長を低下させる。

しかし、成長率が低ければ、不況に追い込まれる。

ドイツ銀行は、2023年末に史上最悪の不況が訪れると投資家に伝えているように、私たちはこの経済の流れを目の当たりにしているのです。

ぐりっと

日本でデフレ社会。
時を止めて生活してきました。
これがついに終焉の時を向かえようとしてる。
高齢者の年金問題にも影響を受けるので、抵抗勢力との戦い。
日本と比べるとアメリカのインフレに対する考え方はとてもシビアに感じます。

2,指数関数的な時代と注目すべき点


多くの投資家が注目すべき高成長分野は、Edtech、Medtech、Greentech、Space-tech、Fintechの5つである。

明らかに、これらはすべて現在の中央集権的なシステムを破壊し、分散化する主要な技術分野です。

Society 4.0はSociety 5.0へと移行し、産業からインパクトの時代へと移行しています。

社会は、Society 1.0-狩猟社会、Society 2.0-農耕社会、Society 3.0-工業社会、Society 4.0社会-情報に分類される。

この移行は、最初は明白ですが、社会的・経済的システムに組み込まれていきます。

現在、急成長している企業や指数関数的なテクノロジーは、すべてこの領域にあります。

このトレンドを見るとき、本当に興味深いのは、過去12ヶ月でどれだけ成長したかということと、今後10年間の予測です。

投資運用会社であるARK Investは、エクスポネンシャル・テクノロジーの市場成長について調査しています。

彼らの調査によると、これらの分野は2020年の20兆ドルから2030年には210兆ドルにまで成長する勢いだそうです。

しかし、このように指数関数的な成長を遂げる技術分野は数多くあるため、「自分の波」を選択することが非常に重要である。

私が興味を持ち、有利になると考えている分野のひとつがビジネスにおけるAIの活用です。

AIが市場に普及すれば、その製品はより顧客中心になり、エンゲージメントを促進するため、企業の評価や評判を向上させることができます。

この分野でのARKの調査を見ると、2021年の2.5兆円から2030年には87兆円まで成長する勢いであることが示唆されています。

投資やビジネスにおける興味に特化したエクスポネンシャルを活用した個人的な経験は、通常、情熱がすでにそこにあるため、調査や実行に移すことが容易です。

5.0社会に突入した今、私たちは個人的に活用できるものに目を向ける必要があります。

例えば、バッテリー技術、クラウドコンピューティング、ブロックチェーンなど、他のエクスポネンシャルを投資や統合することが考えられます。

ぐりこ

知らないワードがたくさんあります。

ぐりっと

最先端のトレンドを理解する上で必要な言葉なので理解しよう

指数関数時代の言葉

Age of exponentials:指数関数の時代、加速していくテクノロジー社会

Edtech(エドテック)教育工学、Education(教育)とTechnology(技術)を組み合わせた造語

MedTech(メディテック)、Medical(医療)とTechnology(技術)を組み合わせた造語

Greentech(グリーンテック)持続可能な社会を実現するための資源や環境に配慮したテクノロジー、またはサービスのことを指す。

space technology(宇宙技術宇宙に物体や生命を送り、活動および帰還させることに関連する技術である

FinTech(フィンテック)金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語

従来の社会とSociety 5.0の違い
これまでの社会での情報化技術とSociety 5.0における情報技術

3,デジタルの10年


私たちが行うあらゆることがデジタル化され、Society 5.0を包含するようになります。

デジタル10年では、日々の体験にデジタルが重なることで、それが明らかになるのです。

先見性と行動力が、起業家としてこの曲線の先端に立ち、私の興味をこの分野へと押し上げることになりました。

現在、Edtechのためのデジタルキャンパスを作る「Metaversity」で、いくつかのトップレベルのパートナーとの提携を検討しています。

Webの歴史を見ると、Web1.0:アクセス可能なコンテンツは読み取り専用、Web2.0:ブログやソーシャルメディアの出現で一般の人もコンテンツを作れるようになり、Web3.0:現在移行中の、ユーザーが所有権を持つことができるようになった、というように分類されます。

例えば、音楽はアーティストにとってマネタイズが非常に難しいものでしたが、NFTを通じて、現在、この問題に挑戦しているところです。

デジタルと物理的な生活の融合は、ソーシャルスペース(交流するために構築するもの)、デジタルオブジェクト(NFTs)、ウォレットとアイデンティティを視野に入れたものになります。

このことは、投資を考える上で、パラダイムの転換を意味します。

Web3.0の統合により、何に投資するかだけでなく、投資したい社会集団や経済が何なのかを考える必要があります。

今、私たちは国家という経済圏に生まれているわけですから、自分の資産と財政はデフォルトでつながっているわけです。

Web 3.0では、市民権や構造化された経済が否定されるため、これは非常に重要な点です。

あなたの富は、物理的な市民権ではなく、デジタルな市民権にリンクされます。

このことが実際に意味するのは、富はもはや場所ではなく、目的につながっているということです。

すべての人が、それぞれの目的に沿って経済を構築する機会を持つようになるのです。

ぐりっと

世界ではデジタルの10年、日本も変われるか心配です。

まとめ

まとめ

・ドルの崩壊:暗号資産の影響、インフレの影響。インフレに対抗できる国はほとんどない。

成長率が低いとリセッションに陥るリスクがある。

日本も影響を受ける可能性が高い

・指数関数時代、加速する社会、Society5.0へ移行。

注目する分野5つは全てテクノロジーとの融合。テクノロジー、AIを味方につける

・デジタル化の10年

すべてがデジタルへWeb3.0も所有権を持つ時代へ移行する

ぐりこ

知らない言葉が多い。
1回読んで理解できなかったわ。
時代の変化がわかる記事でした。

ぐりっと

そうだね。
そして米国の記事では2022年の夏のトレンド。
つまり数か月のトレンドであり、いまを理解していないと将来はもっと大変なことになります。
そしてこの問題をどう考えるかがポイントです。
わたしは投資家として、最新技術・成長分野への投資と資産形成の安定した分野への投資していきます。
この分散投資の考え方は、非常に大切です。
トレンドに乗りすぎると痛み目に合うのが個人投資家なんです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)
  • 42歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:行動力と継続力で勝負する
最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次