【情報提供】2022年の残りの期間に買うべき最高の成長株15銘柄

上半期の終わりに近づくにつれ、S&P 500グロース・キャップド・インデックスのトータルリターンは-25%であり、S&P 500バリュー・キャップド・インデックスのリターンはおよそ-10.5%であった。

しかし、このようにバリューがグロースを上回っているにもかかわらず、クレディ・スイスは5月末にバリュー株の格付けを「オーバーウェイト」から「ベンチマーク」に引き下げ、それぞれ「ホールド」と「バイ」に相当する格付けとしたのです。

クレディ・スイスのストラテジスト、アンドリュー・ガースウェイト氏は、

「バリューはサイクリカリティに追いついた」と述べ、割安な株は今「非常に買われすぎ」であり、業績修正がマイナスになったり購買担当者指数が急落するとグロースがアウトパフォームする傾向がある、と付け加えた。

さらに、ブラックロックの米国ファンダメンタル株式部門チーフ・インベストメント・オフィサー、トニー・デスピリト氏は、

「2022年前半の幅広い市場の下落により、特にファンダメンタルズが示唆する以上の罰を受けたいくつかの成長株に、魅力的なエントリーポイントが開かれた」

と言う。

「このような背景から、ポートフォリオにレジリエンス(回復力)を持たせることの重要性が浮き彫りになっています」

と述べています。

「これは、分散投資と、品質、特に強固なバランスシートと健全なフリー・キャッシュ・フロー特性を持つ企業の株式に注目することで実現できると考えています」。

このことを念頭に置いて、2022年の残りの期間に買うべき最高の成長株15銘柄を紹介する。

ここで紹介する銘柄はいずれも、堅実な成長見通し、魅力的なバリュエーション、印象的なバランスシートを一つ以上誇っている。

そして、それぞれがウォール街のプロから最高の評価を得ている。

(スポンサーリンク)

目次

買うべき成長銘柄15選

  1. Booking Holdings
  2. Agnico Eagle Mines
  3. Clarivate
  4. Pioneer Natural Resources
  5. Icon
  6. KKR & Co.
  7. Roku
  8. CarGurus
  9. Workday
  10. Micron Technology
  11. PDC Energy
  12. Generac Holdings
  13. ServiceNow
  14. VICI Properties
  15. Lovesac
ぐりっと

ほとんどの銘柄は知りませんでした。
もし金鉱株・石油銘柄・旅行関連は先行きが不明確なので除外。
面白そうなのは
Roku、CarGurus、ServiceNow
日本の証券会社で購入できるかは不明です。

ぐりこ

元ネタ記事にはもっと詳しく書いてあるので読んでみてください。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)
  • 42歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:行動力と継続力で勝負する
最後まで
読んでくれて
ありがとう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次