【FIRE/米国】血肉湧き踊るFIRE戦略!!50歳で早期リタイヤするメリットとデメリットをこっそり教えてます!!

毎日ラッシュアワーに出勤するよりも、自宅のベランダでのんびりと朝を迎える方が魅力的です。

多くの人は、定年退職の目安とされる65歳を前に仕事をやめることを目指しています。

しかし50歳という早い段階で仕事をやめれば、何年も自由な生活を送れる可能性があります。

それは早期退職の資金繰りは必ずしも簡単ではありません。

退職願を出す前に、50歳での退職について明確なイメージを持っておくとよいでしょう。

また、早期退職がもたらす経済的な影響についても考えておくことが賢明です。

ここでは、50歳で退職する際の利点と欠点について、専門家の意見を紹介します。

gritman

話題のFIREにむけた記事です。
サラリーマン投資家が目指す最高のゴールの形です。
50歳に定年するメリット・デメリットを知っておこう!

LINE証券

(スポンサーリンク)

目次

50歳で定年するメリット

1,人生を楽しむ時間が増える


50代になると、仕事の締め切りや家族の約束、家事などに追われる毎日を送る人が多くなります。

テキサス州サンアントニオにあるキングマン・ファイナンシャル・グループのパートナー、クリス・ケラー氏は、「自由という選択肢は、ほとんどの場合ありません」。

「早期退職をする余裕があるなら、家計に負担をかけなければ、十分な報酬を得ることができます」。

趣味を追求したり、チャリティーに協力したり、子供の行事に参加したり、家のプロジェクトに取り組んだりする時間が余るようになります。

2,通勤時間がなくなる


いつも車や公共交通機関で通勤していた人は、早期退職をすることで、毎日の交通渋滞を避けることができます。

オクラホマ州エドモンドにあるAXIS Financialの創設者であるクリス・バーケル氏は、「通勤がなくなれば、ガソリン代や車の消耗にかかる費用を節約できる可能性があります」。

退職後、車の使用頻度が減れば、今の車が長持ちするかもしれません。

3,自分を見つめ直すチャンス


一つのキャリアを終えるということは、自分が面白いと思ったり、やりがいを感じたりできることにエネルギーを注ぐことができるということです。

「多くの人は、別のキャリアやビジネスを追求したり、生涯の夢を実現するために、早期退職を望むかもしれません」とベルケル氏は言います。

50歳になっても、意義のある目標を追求するエネルギーは残っているはずです。そのために、貯蓄の一部を新たな目標に充てることもできます。

4,より健康的なライフスタイルをすごせる


早期退職をすると、外出先で食事をしたり、睡眠時間を削ったりする代わりに、健康を重視した生活を送ることができます。

ウォーキングを始めたり、近くのジムに通ったり、地域のスポーツリーグに参加する時間ができるかもしれません。

栄養、十分な睡眠、運動に集中することで、健康が増進され、医療費も削減できるかもしれません。

5,ストレスレベルを下げることができる


上司との関係がうまくいっていない人、つらい会議に出席することが多い人は、早期退職が新鮮に感じられるかもしれません。

「オフィスで働くと、さまざまなストレスが生じます。

「早期退職をすれば、そのようなストレスの多くを避けることができるのです」。

50歳で退職するデメリット

1,退職金制度の利用が難しい


多くの退職金制度は、人生の後半に引き出しを開始するように設計されています。

「伝統的なIRAや401(k)は、59歳半より前に資金を利用すると罰則がある場合があります」と、オハイオ州デイトンのBuckingham Advisorsの財務計画ディレクターのNicole Strbichは言う。

退職後の最初の数年間は、他の収入源や口座を用意しておくとよいでしょう。

2,出費がかさむ可能性がある


退職後、頻繁に旅行したり、家を購入したり、外食したりすると、毎月の出費が増える可能性があります。

また、インフレ率も見逃しがちです。「現在のインフレ率は過去最低ですが、このまま続くとは思わないでください」とケラーさんは言います。

生活費が増え、毎月の予算が追いつかなくなったら、借金をしないためにライフスタイルを変えなければならないかもしれません。

3,退屈な気分になる


自由な時間を持つことは、最初は爽快かもしれませんが、余分な時間は単調になりかねません。

知人や家族が仕事や学校など他の活動をしている場合、予想以上に一人でいる時間が長くなってしまうかもしれません。

スケジュールを立てたり、好きなことに打ち込んだりしないと、孤独になりかねません。

4,高額な医療保険がかかる場合がある


退職後は、自分で医療保険に加入する必要があります。カリフォルニア州ニューポートビーチにあるRadiant Wealth Planningのオーナーでファイナンシャルプランナーのランダ・ホフマンは、「通常、人は65歳で会社を退職し、メディケアに加入しますが、現在は15年の空白期間があり、それを考慮しなければなりません」と言います。

65歳になってメディケアの受給資格を得るまで、毎月の予算の一部を健康保険料に充てる必要があるかもしれません。

5,仕事に戻らなければならないリスクがある


貯蓄が退職後の生活に追いつかない場合や、予期せぬ出費が発生した場合、次の仕事を探すことになるかもしれません。

「仕事に慣れるのは大変なことですし、テクノロジーによって状況が大きく変わることもあります。

再就職する前に、再教育を受けたり、新しいスキルを身につけたりする必要があるかもしれません。

パートナー  Girit Lady

日本とは事情が違う。
でもメリット・デメリットが共通点が多い

gritman

人生100年時代。
50歳で退職しても、残りの生活は50年残されている。
自由に過ごせるメリット・デメリットを理解したうえで、
自分の可能性を探っていこう!


サラリーマン投資家ランキング

応援\よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)
  • 41歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:ポジティブと継続力で勝負する
最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次