【FIRE/前代未聞】ハーバード大学で学んだ経済学者「早期退職は最悪のお金の間違いの1つ」 – 「後悔」する3つの理由

経済学者である私は、気のきいた言葉をいえません。

ですから、率直に言います。

ほとんどのアメリカ人にとって早期退職は単に人生で一番長い休暇を取るための決断ではなく、後悔することになる最大のお金の間違いの一つなのです。

理由は簡単です。

私たちは貯蓄に乏しく、早期退職できないのです。

経済的に見れば、一般的には退職を遅らせた方がはるかに安全で賢明です。

ボストンカレッジの退職研究センターの報告書によると、現在の勤労者世帯の半数は、退職後に生活水準が大きく低下する危険性があります。

すべての労働者が2年遅く退職した場合、その割合はおよそ50%に減少します。

もちろん、早期退職が有利な状況もあります。

しかし多くの人は肉体的・精神的に限界に達しているため、やむを得ず退職します。

また仕事が自動化されたり、外部委託する人もいます。

しかし、57歳から66歳までのほぼ3分の2の人は、ほとんど何も貯蓄がないにもかかわらず自分の意志で早期退職を選んでいるのです。

しかも、そのほとんどが健常者であり仕事を続けられないような障害もありません。

gritman

この記事はFIRE(早期リタイヤ)に否定的な記事です。
貯蓄をせずに早期リタイヤするひとが2/3というのは驚きですね。

パートナー  Girit Lady

具体的な問題点を3つ紹介します!!

(スポンサーリンク)

目次

問題① 団塊の世代の退職者の大半はFIREに資金力不足になる


1946年から1964年の間に生まれた7,600万人のベビーブーマー世代(2022年:58-76歳)は、大量に退職している。

その半数近くが貯蓄をほとんど持っていない。

実際、彼らの財産の中央値は144,000ドルに過ぎず、家計支出の中央値の3年分にも満たない

もし、彼らが多額の個人年金、州年金、地方年金に頼っていれば、状況は良くなるはずだ。

しかし、そうではありません。

社会保障以外の年金があるのは3人に1人以下だ。

年金を持っている人の多くは、ソーシャルセキュリティーの対象外の州や地方政府の仕事に就いている。

さらに悪いことに、そのような年金を受け取っている人は、社会保障の風穴条項と政府年金相殺条項により、適用される雇用でパートタイムで働くことによって得た社会保障給付のほとんど、あるいはすべてを失う可能性がある。

gritman

つまり、ほとんどの人はFIREをするには資金力が不足している。

問題②米国公的年金は、特筆すべきものではない


米国公的年金の平均給付額である年間18,000ドルは、もっと高い可能性もあるが、退職者の94%が、給付のピークである70歳のかなり前に米国公的年金の退職給付を受け取っている。

実際、約85%は70歳まで受給を待っているはずです。

70歳の米国公的年金は、インフレ調整後で例えば62歳の米国公的年金より76%高い。

さらに、アメリカ人が米国公的年金の米国公的年金を早く受け取りすぎると、(10年以上結婚していた)配偶者や元配偶者の寡婦加算や離婚寡婦加算が大幅に下がる可能性がある。

gritman

はやく公的年金をもらうと、もらえる額が減る。

問題③自分の寿命はだれもわからない


私たちの多くが貯蓄に失敗しているのは、平均余命に着目していないことが原因です。

50歳代の半数は80歳を超えても生きられる。

4分の1は90歳まで生きると言われている。

十分な貯蓄とは何か、40歳の独身ルイジアナ人、Aさんを例にとって考えてみよう。

62歳で退職し、ソーシャル・セキュリティを受ける予定のAさんは、年収7万5000ドル、貯蓄口座に15万ドル(金持ちの叔父からの相続財産)を持っている。

Aさんは100歳まで生きることができる。

私たちと同じように、Aさんも予定通りに死ぬとはかぎりません。

彼女は、自分の人生の最大年齢まで生きるための計画を立てる必要があります。

しかしAさんは何も貯金をしていません。

社会保障制度と401(k)(残高15万ドル、自分と雇用主が毎年3%ずつ拠出している)に老後の生活を頼ろうとしている。

この考えは間違えています。

老後は、自分が働くより長く続くかもしれない。

100歳まで生きるとしたら、手取り収入の28%を毎年、退職金として貯蓄しなければならないのです。

仮にAさんが70歳で社会保障を受けるとしたらどうでしょうか?

この場合、生涯支出は10%以上増加し、退職前に必要な貯蓄率は16%に下がります。

もし彼女が若くして死ぬ確率を計算し、80歳から毎年1.5%ずつ生活水準を下げる計画を立てていたら?この場合、必要な貯蓄率は13%になります。

残念ながらAさんは何も貯蓄していない。

このままでは、退職後の生活水準は退職前の半分になってしまいます。

それでも、ジェーンは多くの人よりも良い状態です。

多くの民間企業の労働者の約3分の1が退職金制度を持っていません。

そして退職金制度がある労働者の4分の1は、無料の雇用主からの上乗せ給付を受けるところまで参加できていない。

gritman

究極の問題、いつ死ぬかは誰もわかりません。
予測はつかない。
あなたに必要なお金はいくらですか?と言われても、憶測の域を超えることは絶対にできない。

結論 早期リタイヤではなく退職を遅らせることが大切

貯蓄しないAさんの老後を救うにはどうしたらよいでしょうか?

Aさんが70歳で退職し、社会保障を受けると、自分で貯蓄する必要がなくなります。そして、彼女の生涯支出は3分の1に増えます

そう、これはリスクの高い戦略なのです。

Aさんは身体障害者になるかもしれない。

あるいは、解雇されるかもしれない。

しかし、もし彼女が大量の貯蓄を拒否し、退職後に深刻な経済的困窮を経験したくないのであれば、彼女の唯一の答えは働き続けることである。

私は71歳になったばかりだ。

幸いなことに、私は終身在職権があり、研究を続け、本やコラムを書き、教えることができる。

私の今の計画は、このまま死ぬことだ。

私の仕事は、経済的にも、知的にも、心理的にも、あまりにもやりがいがあるので、あきらめるわけにはいかないのだ。

gritman

長く働くことが大切なのはわかりました。
それでもFIREを目指す人を応援したい。

gritman

この記事を書いたローレンス・J・コトリコフさんの本。
和訳は発売されていませんが、興味がある人は読んで見てね。

ローレンス・J・コトリコフは経済学の教授であり、”Money Magic: An Economist’s Secrets to More Money, Less Risk, and a Better Life “の著者である。1977年ハーバード大学で博士号を取得。ニューヨーク・タイムズ、WSJ、ブルームバーグ、フィナンシャル・タイムズにコラムを掲載。2014年、エコノミスト誌は彼を世界で最も影響力のある25人のエコノミストの一人に選出した。ローレンスをフォローする


サラリーマン投資家ランキング

応援\よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)
  • 41歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:ポジティブと継続力で勝負する
最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次