【米国記事×40代】40代から富を築く米国流9選

ぐりこ

今回はこの記事を参考にしました。

40代は資産形成を始めるのに理想的な時期です。

収入もピークを迎え、出費も増えますが、退職金などの蓄えもあるはずです。

もし、今の貯蓄が思ったほどでなくても、大丈夫です。

40代で財産を築く9つの方法と、定年後も継続的にキャッシュフローを生み出すアイデアをご紹介します。

主なポイント

・40代は稼ぎ時であり、資産形成を始めるには最適な時期です。
・40代は年収の2倍以上の貯蓄と投資が必要です。
・40代の資産形成には、投資ポートフォリオの多様化、定期的な収入を得られる資産への投資、財産設計などがあります。

40歳はどれくらいの純資産を持つべきなのか?

第21回トランスアメリカ定年再就職者調査によると、40代の人々の老後の蓄えは中央値で10万7000ドルと推定されています。

この数字がかなり低いと思われるなら、あなたは成功者です。

多くの専門家は、40歳は月給の少なくとも2倍の純資産を持つべきだと指摘しています。

つまり年収10万ドルあるなら、預貯金や退職金制度、その他の投資で少なくとも20万ドルを持っている必要があります。

いますぐ20万ドルも貯めていなくても大丈夫です。

リタイアまでまだ20年以上ありますから、資産形成に専念する時間は十分にありますよ。

ぐりっと

10万7000$は日本円(為替ルート134.97円、2022/8/8)では1441万円になるよ。
年収10万$は1349万円。
日本では1000万円以上の貯蓄率が20%です。
ほとんどの40代は、20万ドルに到達できていません。

(スポンサーリンク)

目次

40代で富を築く9つの方法

40代で富を築くための、すぐに実践できる9つの方法を紹介します。

住宅ローンの返済額を増やす


既存の住宅ローンをより低い金利で借り換えられるのであれば、早めの行動を検討しましょう。

金利は歴史的な低水準から上昇し始めており、将来どうなるかは誰にも分かりません。

一方、借り換えが経済的に難しい場合は、毎月の住宅ローンの支払額を増やし、余ったお金を元本削減や追加支払いに充てることができます。

例として、今日30万ドルの住宅を30年固定金利の住宅ローンで購入したとします。

毎月100ドルだけ住宅ローンの支払いを増やせば、ローンは4年近く早く完済できることになります。

住宅ローンを残したまま退職するのは、一般的に良いアイデアとは言えないため、この統計は知っておくとよいでしょう。

退職後の月収は現役時代より下がるのが普通ですから、住宅ローンの負担を速めに減らした方がいいのです。

ぐりっと

少なくとも定年までに住宅ローンを払い終えよう。

今すぐ借金を返済する


借金といえば、40代は高金利のクレジットカードや学生ローンの残債、個人ローンなど、他の借金を徹底的に返済する時期でもあります。

不動産投資家は、家賃収入を再投資して賃貸物件のポートフォリオを増やすために、「雪だるま式」戦略というものを使います。

雪だるま式に借金を返していくには、まず、毎月一定額の現金を借金の返済に充てることから始めます。

残額が完済されるまで、最も低い金額の借金に焦点を当てます。

次に、その現金と、完済したローンに通常支払うはずの支払いを流用し、その合計額を次の残高の少ない借金の返済に充て、完全に無借金にします。

ぐりっと

複利の力は的にも味方にもなる。
絶対に敵に回さない。

出費を抑える


40代は稼ぎ時であり、今の地位を築くために懸命に働いてきました。

車を買い替えたり、大きな家を買ったり、一生に一度の休暇を過ごしたりして、自分を褒め称えたくなることもあります。

しかし、給料が増えることは、生活費の支出を抑え、貯蓄の目標を加速させる理想的な機会でもあります。

パーソナル・ファイナンス・ソフトウェアを使って、現在の支出を分析し、支出を削減できる箇所を確認しましょう。

貯蓄のための余剰資金ができたら、その資金を再投資して、老後にお金が足りなくなるリスクを減らしましょう。

ぐりっと

マネーフォワードやZaimなどを使って出費を確認しよう

退職金制度の最大限の活用


65歳で定年退職すると仮定すると、退職まであと約20年です。

残りの現役時代を賢く使うために、リタイヤメントプランへの拠出と雇用主からのマッチングを最大限に活用しましょう。

退職金を引き出すまで、退職金で得た収入は非課税となり、退職金を飛躍的に増やすことができます。

個人の退職金口座(IRA)やRoth IRAに余分に拠出することもできますが、内国歳入庁(IRS)のガイドラインに従っているかどうか、まずファイナンシャル・アドバイザーに相談してください。

ぐりっと

iDeCoを最大限に活用しよう
ただし今を楽しく暮らせるお金は残しておこう。

投資先を多様化する


40代の方の多くは、ハイテク成長株の比率が高い投資ポートフォリオを持っています。

長年にわたり、アマゾンやフェイスブックなどの株価は例外なく好調ですが、高成長株は上昇だけでなく下降することもあります。

30代で投資を失敗しても、失われた資金を取り戻すにはまだ数十年の時間があります。

しかし、40代になり、定年退職が近づいてきたら、投資ポートフォリオを十分に分散させることが経済的な意味を持つかもしれません。

株式ポートフォリオの分散とは、中小型・大型企業、異なる経済セクター、不動産投資信託(REIT)のような市場全体との相関が低い銘柄など、様々なカテゴリーの有価証券をバランスよく保有することです。

REITには、株式市場全体が好調なときに好調になるプロシクリカル型と、株式市場全体のリターンが下がっても好調になるカウンターシクリカル型があります。

REITは法律上、純利益の90%を株主に配当することが義務付けられているので、REITを保有することは、臨時収入を得るための良い方法の一つかもしれません。

ぐりっと

40代になると債券・リート・ゴールドなどに多様な投資先に分散しよう。

複数の収入源に注目する


40代で複数の収入源を確保することは、今後20年程度の余剰収入を貯蓄や退職に充て、さらに収入を生み出す資産に再投資することができるため、経済的に非常に有効な手段です。

収入源を確保することの最大の利点は、退職後 も現金が流れ続けることです。

40代で複数の収入源を得る方法として、一戸建て賃貸(SFR)住宅への投資があります。

投資家は、定期的な家賃収入で儲け、住宅の価値が上がれば資本を得ることができ、さまざまな控除を利用して課税所得を減らすことで節税もできます。

多くの場合、テナントから徴収する毎月の家賃は、不動産管理、修理・メンテナンス、固定資産税、保険、毎月の住宅ローン支払いなど、運営費や所有に必要な費用を十分にカバーすることができます。

また、既存のプランを不動産用の自己勘定IRA(SDIRA)に変更することで、退職金口座でSFR不動産を所有することも可能です。

退職金口座に保管された収入と利益は、引き出しを開始するまで非課税で成長します。

ぐりっと

不動産投資はリスクが高く、素人が容易に始めるにはリスクが大きい。日本ではあまりお勧めしません。

緊急時の資金を確保する

医療費や解雇など、予期せぬ出費はいつでも起こり得ます。

緊急時の資金を確保しておくことは、人生の転機に備えることになり、稼ぎ盛りの時期には、これまで以上に重要です。

多くの専門家は、生活費の3~6カ月分を緊急用資金として蓄えておくことを勧めていますが、12カ月分まで蓄えておくのが理想的だと考える人もいます。

ぐりっと

日本では給料3か月分?
100万円あれば十分かもしれませんね。

財産設計をする


40代は、財産をどのように守り、引き継いでいくかを考える良い時期です。

まだの方は、ファイナンシャル・アドバイザーに相談し、財産計画を立て、遺言書を作成してみてはいかがでしょうか。

資産と家族を守るもう一つの方法は、保険に加入することです。

生命保険の受取人は、生命保険金を生活費に充て、借金や葬儀の費用を支払うことができます。

障害保険は、あなたが働けなくなった場合に収入を得ることができ、あなた自身とあなたの愛する人のためのセーフティネットとして機能します。

ぐりっと

緊急時の備えは必要ですね。
何かったら、どうするのか?意思表示を残しておこう。

住居を縮小する


子供が独立した後、40代後半になると、住居を縮小し、より狭い面積の住宅に引っ越す人もいます。

住宅市場が好調な時期を狙って売却することもできますし、住居を残して賃貸にすることも可能です。

居住用不動産を投資物件にすることには、多くの利点があります。

税金から運営費と減価償却費を控除でき、さらに家賃収入を得ることができるので、退職後も長く続けることができます。

ぐりっと

日本では、持ち家文化が根付いています。
今後は持ち家を売却して高齢者のシャアハウスが流行るかもしれませんね。

まとめ


40代で老後資金が足りないと思っている方、遅すぎるということはありません。

少なくとも20年間は、支出を減らし、キャッシュフローを貯蓄に回し、キャッシュフローのある収入源を複数作ることで、家計をコントロールすることができるのです。

ぐりっと

無駄をなくして、資産分散。
国のシステムを上手に使い生きていく。
一緒に40代を生き抜こう!!

あわせて読みたい

【投資×初心者】証券会社の開設、100万円修行の始める方法!

証券会社おすすめ

・使いやすいネット証券 LINE証券

LINE証券

・国内ネット証券の大手SBI証券

三井住友カード

ブログランキング参加しています。応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村   ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)
  • 42歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:行動力と継続力で勝負する
最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次