2023年までは学資保険よりジュニアNISAを優先しよう

本と投資は人を成長させるをコンセプトにしているサラリーマン投資のぐりっとです。

今回のテーマは、学資保険よりジュニアNISAに投資をおすすめする理由です。

子どもが生まれたら学資保険に入る。

いまの30代、40代にすりこまれていませんか?

実際、長女が生まれた13年前はゆうちょ銀行かソニー生命にするべきか悩み、加入しました。

今思えば、学資保険が最適解ではなかったと後悔しています。

そして2022年に子どもが生まれたら…こう言いたい。

学資保険はやめておけ。まずはジュニアNISAに入れ。

どうしても学資保険がしたい人でも、まずはジュニアNISAを優先しましょう。

そのうえで学資保険は2024年から積み立てを検討しましょう。

またNISA制度の改正案の動向をみてからでも遅くはないと思います。

この記事で伝えたい事

・今のジュニアNISAは非常にお得な制度
・学資保険は、あくまでも保険。
・2022年・2023年のジュニアNISAに投資できる資産があれば必要優先度は低い。
・学資保険の返戻率は1.05%付近、ジュニアNISAであれば4%で運用すれば2倍になる可能性がある。
・保険という安心が欲しい場合は、ジュニアNISAを2年間運用して2024年以降がおすすめ。

では、ここからは具体的にジュニアNISAと学資保険について解説していきます。

(スポンサーリンク)

目次

ジュニアNISAの概要

ジュニアNISAについて概要を説明します。

ジュニアNISAとは?

 利用できる方日本にお住まいの未成年者の方(*1)(口座を開設する年の1月1日現在)
 非課税対象株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益
 口座開設可能数1人1口座
 非課税投資枠新規投資額で毎年80万円が上限(*2)
 非課税期間最長5年間(*3)
 投資可能期間2016年~2023年(*4)
 運用管理者口座開設者本人(未成年者)の二親等以内の親族(両親・祖父母等)(*5)
 払出し18歳までは払出し制限あり。(*6)(*7)

金融庁ホームページ参照

  1. *1 …成年年齢の引き下げに伴い、2023年は、0歳~17歳の方がご利用いただけます。
  2. *2 …未使用分があっても翌年以降への繰り越しはできません。
  3. *3 …期間終了後、新たな非課税投資枠への移管(ロールオーバー)による継続保有が可能です。
  4. *4 …2024年以降、ジュニアNISAでは、新規購入ができません。なお、2024年以降、当初の非課税期間(5年間)の満了を迎えても、18歳になるまで引き続き非課税で保有できます。
  5. *5 …金融機関によって異なる場合がありますので、口座を開設される金融機関にお問い合わせください。
  6. *6 …3月31日時点で18歳である年の前年12月31日までの間は、原則として払出しができません。ただし、災害等やむを得ない場合には、非課税での払出しが可能です。
  7. *7 …2024年以降には、保有している株式・投資信託等および金銭の全額について、年齢にかかわらず、災害等やむを得ない事由によらない場合でも、非課税での払出しが可能です。

ジュニアNISAが流行らなかった最大の理由は、払い出し制限

ジュニアNISAの最大のデメリットは、成人(現在は18歳)まで払い出しができなかったことです。

しかしジュニアNISAの廃止に伴って、払い戻し制限は2023年までに変更されました。

そのため2024年以降は自由にひきだすことが可能になります

廃止が決まったことでジュニアNISAのデメリットが無くなりました。

皮肉な話ですね。

ぐりっと

今回の議題である学資保険についても
考えてみましょう。

学資保険

学資保険とは、子どもの教育資金を準備するための貯蓄型保険の事です。

毎月決まったら保険料を払うことで、教育資金が必要になったタイミングで保険金を受け取ることができます。

保険料を払うことで、払った額よりわずかですが上乗せ(返戻率(へんれいりつ))受け取ることができます。

万が一、契約者に不徳の事態が陥った場合でも保険額は支払われます。

その他にも所得控除の対象になりますので、所得税や住民税が軽減されます。

ぐりっと

ここからはジュニアNISAと一般的な学資保険について
比較検討してみました。

ジュニアNISAと学資保険を比較してみた

・投資金額 80万円(2年間160万円)
・投資設定:ジュニアNISA・学資保険ともに一括80万円
・リターン ジュニアNISA:S&P500に投資(年率4%)、学資保険:返戻率105%
・期間 18年間

結果

1⃣ジュニアNISA:推定 2.02倍(1.99倍) 推定利益 82万円(157万円)
2⃣学資保険:推定 1.05倍(1.05倍)   推定利益 4万円(8万円)

詳細なシミュレーション結果

 2023年      (1年間) 2022.2023年 (2年間)
年齢    ジュニアNISA  (4%運用)学資保険返戻金105%年齢ジュニアNISA  (4%運用)学資保険返戻金105%
0800,000800,0000800,0001,600,000
1832,000800,00011,632,0001,600,000
2865,280800,00021,697,2801,600,000
3899,891800,00031,765,1711,600,000
4935,887800,00041,835,7781,600,000
5973,322800,00051,909,2091,600,000
61,012,255800,00061,985,5781,600,000
71,052,745800,00072,065,0011,600,000
81,094,855800,00082,147,6011,600,000
91,138,649800,00092,233,5051,600,000
101,184,195800,000102,322,8451,600,000
111,231,563800,000112,415,7591,600,000
121,280,826800,000122,512,3891,600,000
131,332,059800,000132,612,8851,600,000
141,385,341800,000142,717,4001,600,000
151,440,755800,000152,826,0961,600,000
161,498,385800,000162,939,1401,600,000
171,558,320800,000173,056,7051,600,000
181,620,653840,000183,178,9741,680,000
      
推定倍数2.026倍1.05倍推定倍数1.987倍1.05倍
推定利益820,653円40,000円推定利益1,578,974円80,000円
子どもにたくさんのおもちゃを贈ろう!Cha Cha Cha

学資保険のメリット・ジュニアNISAのデメリット

1⃣ジュニアNISAの廃止にもとづく投資期間は最大2年間しかない。

2⃣ジュニアNISAは廃止が決まっているため、運用する場合、短期間で多額の費用を捻出する必要がある。

3⃣投資開始の景気に大きく左右される

4⃣扶養者が重度障害、死亡などの不徳の事態は想定していない

1⃣・2⃣に関しては、投資額80万円としているが個人の裁量に応じて投資額を減らして対応することも可能。
ただし投資期間は決まっているので、効果を発揮するには投資期間が長い方が有利な事は変わりはありません。

3⃣に関しては、個人では解決できません。
シミュレーションでは年率4%で計算したが、未来の事は誰にもわかりません。
また2022年・2023年のいずれかにリッセションに入ってしまう公算を考えると、予定していたリターンを下回る可能性があります。

4⃣に関しては学資保険の最大のメリットであり、本来の役割。
ただし30歳男性の死亡率は0.71%、40歳でも1.36%。死亡するリスクは非常に稀と考えて間違いと思います。

それでも学資保険に加入したい場合

万が一に備えた学資保険であり、投資未経験者が難易度が高いと思う人もいるかもしれません。

そんな人でも2022年、2023年はジュニアNISAで投資してほしい。

もし両親に投資の知識がなくても、ジュニアNISAは祖父母でも運用が可能です。

祖父母に運用、投資を依頼することも対策の1つです。

また2024年以降であれば学資保険に加入するのも選択の1つです。

ただし金融庁が2023年に税制改正要望しNISA制度が変更される可能性があります。

こちらの制度についてもしっかり注視して、よりよい選択をしていきましょう。

まとめ

まとめ

・今のジュニアNISAは非常にお得な制度。
・リセッション入りするリスクはあるが、長期的にはジュニアNISAが有利に働く可能性が高い。
・学資保険は、あくまでも保険。
・2022年・2023年のジュニアNISAに投資できる資産があれば、保険という側面の必要優先度は低い。
・学資保険の返戻率は1.05%、預金よりは高い。
・しかしジュニアNISAであれば4%で運用すれば2倍になる可能性がある。
・保険という安心が欲しい場合は、ジュニアNISAを2年間運用して2024年以降がおすすめ。

これまでの記事は、あくまでもシミュレーション結果であり個人の意見も含まれています。

故意に誘導した記事でありませんが、すべての過程が想定どおりいくはわかりません。

どのような事態に陥ったとしても自己責任でお願いします。

ジュニアNISAに関しては株やETFに投資可能です。

この投資と本は人を成長させるをコンセプトにしているチャンネルでは、Twitterで米国投資情報、ブログではETFの最新情報や40代の上手に生き抜く方法を紹介しています。

ぜひ、おすすめする記事を読んでみてください。

おすすめ記事:勝ち方ではない、負けないために読んでほしい記事

ふるさと納税のおすすめ5選

【投資×初心者】証券会社の開設、100万円修行の始める方法!

証券会社おすすめ

・使いやすいネット証券 LINE証券

LINE証券

・国内ネット証券の大手SBI証券

三井住友カード

ブログランキング参加しています。応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村   ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)
  • 42歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:行動力と継続力で勝負する
最後まで
読んでくれて
ありがとう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次