米国の副業15種類と日本の副業を比較してわかったこと

本と投資は人を成長させるをコンセプトにしているブロガー、Youtuber、40代サラリーマン投資家ぐりっとです。

今の時代、サラリーマンは本業以外でもお金を稼ぐ力が必要といわれてます。

副業をすることで学生ローンの返済や退職後の資産形成、経済的な目標をより早く達成するためことができます。

そこで、1つの疑問が浮かんできます。

海外(米国)には、どんな副業があるのだろう?海外のおすすめする副業は日本では、できないのでしょうか?

この記事では米国ニュースで紹介された稼げる15種類の副業を紹介日本ですでに導入されているか、または同じ副業を日本で行うためのウエイブサイトをについてまとめました。

(スポンサーリンク)

目次

米国副業15種類を紹介

2022年9月の米国の副業記事より抜粋しました。
(リンク先は後半に貼っています。興味がある人はのぞいてみてください)

  1. 食べ物や食料品を配達する
  2. 自動車乗り合いサービス(ライドシェア)
  3. ブログを始める
  4. オンライン家庭教師
  5. オンラインビジネス
  6. 車を貸し出す
  7. 家を貸し出す
  8. 再販する
  9. 販売するものを作る
  10. 引越しの手伝いをする
  11. 便利屋になる
  12. ベビーシッターまたはペットシッター
  13. ギグで働く
  14. オンラインアンケートに答える
  15. 無料キャンペーンに申し込む
Side Hustl(サイドハッスル)と副業の違い

今回、紹介した文章はサイドハッスルです。
厳密に言うとサイドハッスルと副業は別の言葉です。
サイドハッスルは『やりがい』を重視、副業は金銭的な収入を重視します。
ご注意ください。

米国副業15種類と日本

〇 食べ物や食料品を配達する


食品や食料品の配達サービス、日本ではUberEatが有名です。

これは米国でも急成長しているトレンドの1つであり、流行している副業の1つです。

日本でも自分のペースでお小遣いを稼ぎたいという人には、とても有効な方法だと思います。

唯一の欠点はいつでもできるわけではないことです。(レストランは通常午前2時に開いていません)

しかしお小遣いを稼ぐには最適な方法なのは変わりません。

Uber Eatsは稼げるの?

時給1500~2000円。
日給で10000⁻20000円、月収では30万以上稼げる可能性がある?

ぐりっと

日本でも副業として検討する余地がありそうだね

× 自動車乗り合いサービス(ライドシェア)

ライドシェアは、直訳すると「ライド=乗る」を「シェア=共有」することです。

一般的には「相乗り」や「配車サービス」を指します。

米国では一般的になっており、いつでもできる仕事の1つです。

記事によると収益の可能性は1,000$とあり、収益面でも魅力的ですね。

ただし日本ではタクシー業界の反対などの理由もあり法律上で禁止されています。

日本ではこの副業は応用できないのが残念です。

あきらめましょう。

〇 ブログを始める

日本と同様に米国でもブログはすぐに収入を得られません。

そしてブログには時間がかかります。最初は儲からないし大変な作業です。

ただし、米国では少なくとも月1,000ドルは稼げるようになると可能性があるそうです。

日本ではYoutube、動画コンテンツではなくブログの価値が再評価されています。

この機会に始めてみてはいかがでしょうか。

ブログは稼げる?

米国と日本は書く、読む文化が発達しています。
ブログは収益性として非常に優れています。
ただし日本ではライバルが多いので差別化が課題かもしれませんね。

〇  オンライン家庭教師


米国では教師、あるいは大卒であればオンラインで子供たちに家庭教師の副業することができます。

需要が伸びている分野の1つとして海外の子供たちにオンラインで第二言語として英語を教えることもできます。

この利点は、海外との時間帯の違いによって、米国の夜間は他の地域では一般的に昼間に教えることができます。

米国と同じように日本から海外に発信できると思います。

日本語を教えるオンライン講習はいくつかありました。

語学力に自信がある人には副業をいかせるチャンスかもしれません。

◎ オンラインビジネス

米国ではオンラインでフリーランスとしてお金を稼ぐ方法は、たくさんあります。

読む、書く、プログラミングする、ビデオを作るなど日本でも同じようにお金を稼ぐことができます。

本職と重複する副業はおすすめしませんが、経理業務など重ならない仕事は本業の知識をいかすことができます。

〇 車を貸し出す


米国では副収入を得るための最もクールな新しい方法の1つとして車を貸すことです。

学校に行ったり家で仕事をしていたりしてあまり使わない車があれば他人に貸すことができます。

米国ではこのようなサービスを通じてレンタルするためだけに3台の車を購入し、毎月の支払い以上の収入を得ている人がいます。

いいサービスだと思って、調べてみると車を貸し出すサービスはすでに日本でも導入されていました。

興味があれば【Anyca】を検索してみてください。

◎ 家を貸し出す


米国では家、部屋、ガレージなど誰かが泊まれるようなスペースを貸し出すことができます。

裏庭をキャンプ場として貸出している人もいます。

このサービスも日本でも行われています。

賃貸住宅の経営、民泊などすでに利用している人も多いのではないでしょうか。

◎ 再販する

米国ではガレージセールや不動産セールへ行き、その品物をeBayやAmazonで売買しています。

日本でも同じようにフリーマーケット、ガレージセールで購入した商品をヤフオクやメルカリで売買している人が多いのではないでしょうか。

同じ商品を毎回購入することができないため再現性は低いですが興味のがある人は、自分の家にある商品の売買から始めてもよいかもしれません。

メルカリP500がもられます: 招待コード oJ0387

〇 販売するものを作る

売るものを探すのは苦手だけど、売るものを作るスキルはあるという人もいるかもしれません。

それなら、自分で作った製品をオンラインで販売することができます。

文房具やユニークなギフトの作成から、日用品、印刷物やダウンロードファイルまで、自分のものを売る可能性は無限大です。

印刷物の素晴らしいところは、単に文書を作るだけで、人々がそれをダウンロードするとお金がもらえることです。

日本では『ココナラ』が有名です。

〇 引越しを手伝う

人の引っ越しを手伝う能力があれば、暇なときに簡単にお金を稼ぐことができます。

トラックを持っていたり、力持ちで重い家具を持ち上げることができるかもしれません。

引っ越し業者より簡単な荷物運びであれば知り合いに頼んだ方が早いかもしれません。

日本でも応用は可能な副業の1つです。

〇 便利屋になる

あなたは家の中で器用に動けますか?絵やテレビを取り付けられますか?

家具を組み立てたり、スマートホームデバイスをセットアップすることはできますか?

何か人にはできない技術があるのであれば、日本でも応用が効きそうです。

販売するものを作ると同じく日本では『ココナラ』が有名です。

〇 ベビーシッターまたはドッグシッター


米国でもベビーシッターやドックシッターは副業として代表的になっています。

日本ではベイビーシッターになるためには資格は必要ありません。

ペットシッターに関しても特別な資格は必要ありません。

夫婦共働きや高齢化に伴うペットの世話などは地域社会にも貢献できる副業です。

× ギグで働く


記事で紹介されていた副業のギグ。

ギグは、音楽の演奏において 小さなライブハウスなどでの短いセッション クラブなどで一度だけ演奏することです。

米国ではこのようなギグをオンラインでみつけて1日か2日のランダムなイベントに参加することでお金をもらうことができます。

日本では、すくなくともこのようなサービスはありませんでした。

〇 オンラインアンケートを受ける

オンラインでお金を稼ぐことができる場所は確実に存在するので、暇な時にいつでもできることなのです。

アンケートを取っていたので教育を受けながらお金をもらっていました。

米国でもコンピュータの電源を入れられる人なら、ちょっとした収入を得ることができるのです。

しかし、これによる収入の可能性は非常に低いです。

これらの事情は日本でも同じですね。

〇 無料キャンペーンに申し込む

米国では製品やサービスに申し込むだけで、お金や商品がもらえるサービスがあります。

日本でもハビタスや楽天などのを経由してクレジットカードや証券会社を申しこむ方法などがあります。

米国でも同じですね。

まとめ

米国の副業サービスと日本の副業

・15種類の中では14種類の副業は日本で可能。
・オンライン上で語学に精通しているのであれば世界で勝負することも可能!!

いがかだったでしょうか。

意外にも米国版の副業を調べてみると日本との違いや同じようなサービスがありましたね。

どの副業が向いているのかは人それぞれです。

できる、やりたい副業はなんでもチャレンジして、あなたに合った副業をみつけてください。

副業以外にも株や節約などにもチャレンジしてみてください。

このブログは株や節約に関しても掲載しています。

他の記事も参考にしていただけると嬉しいです。

参考ウエイブサイト

ふるさと納税のおすすめ5選

【投資×初心者】証券会社の開設、100万円修行の始める方法!

証券会社おすすめ

・使いやすいネット証券 LINE証券

LINE証券

・国内ネット証券の大手SBI証券

三井住友カード

ブログランキング参加しています。応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村   ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)
  • 42歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:行動力と継続力で勝負する
最後まで
読んでくれて
ありがとう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次