『静かなる退職』の世代別マニュアル

本と投資は人を成長させるをコンセプトにしているブログYoutuber、40代サラリーマン投資家のぐりっとです。

職場内のやる気のない雰囲気、何気ない一言でモチベーションが下がってしまいます。

「何のために仕事をしているのだろう」、「仕事をしても意味がないのかな」と感じた経験はありませんか。

周囲の環境があたなの仕事に対する情熱を奪われて、自分の仕事以上の業務を働くなる。

いわゆる『静かなる退職』を迎えます。

今回のテーマは、『静かなる退職(Quiet Quitting)』について、どのように向き合うかをテーマにしました。

最初に結論をお伝えしています。

このテーマは、個人の価値観、状況の大きく左右する問題であり、投資のような最適化はないと思います。

あくまでもどう生きたいか、どうありたいかという問題でありあなたにとって解決する一助になれば嬉しいです。

結論

・静かなる退職は20代から40代にはおすすめしない。
・社会的な評価が下がり、長期的な成長、昇給に影響を与える可能性が高い。
・他にやりたいことがあるのであれば一つの手段。ただし周囲にばれないように行う。
・50代以降で仕事とプライベートのいずれにも充実感がないのであれば、静かなる退職は非常に有効。
・できれば仕事とプライベートを充実した人をめざそう

静かなる退職(Quiet Quitting)とは?

仕事をする上で最低限必要なことだけを行い、必要以上の時間や労力、熱意をかけないことをいいます。

そのため、実際に退職するわけではなく給与を受け取り続けることから、この言葉は誤解されていることがあります。

米国の静かなる退職事情

米国の静かなる退職

「静かな退職」とは、必要以上に仕事に打ち込まない従業員のことをいいます。
2022年のギャラップ社の調査によると、米国の労働人口の少なくとも半数は「静かな退職」をする人たちで構成されていることが示唆されています。その割合は35歳以下の労働者で特に高い、とギャラップ社は報告しています。

しかし、この数字に懐疑的な人たちは、「静かな退職」が新しいトレンドなのか、それとも単に労働者の不満に対する流行の新しい呼び名なのか、疑問を投げかけています。
「静かな退職」の仕組み
2022年9月のハーバード・ビジネス・レビューで、アンソニー・C・クロッツ教授とマーク・C・ボリノ教授は、心配する経営者に「静かな退職」現象を説明する目的で、「静かな退職者たちは主要な責任を果たし続けるが、市民行動と呼ばれる活動(残業、朝出勤、必須ではない会議出席)をあまりやりたがらない」と述べています。

参考サイト

(スポンサーリンク)

目次

静かなる退職の向き合い方、世代別マニュアル

人はモチベーションを保ち続けることは非常に難しいということは周知の事実です。

高度経済成長期であれば、日本の復興、そして個人として経済的な報酬を受けることができました。

報酬が失われた時代でモチベーションを保ち続ける…。

教育機関や報酬が上がっていく上場企業、ベンチャー企業など一部の企業だけができるかもしれません。

それ以外の人でモチベーションを保ち続けることは難しいでしょう。

ではサラリーマンはどのように生きていくべきかをまとめてみました。

1⃣新人-20代前半サラリーマン 静かなる退職おすすめ度☆

20代では成長企業、社内のモチベーションの高く報酬が期待できる企業であれば、仕事に打ち込むべきです。

社会人としてスキルを学ぶチャンスであり、今の経験を将来に生かすことができるはずです。

逆にモチベーションの低い企業、部署に配属されたなら、すぐに転職を考えるべきです。

新社会人から数年たつと中堅社員に分類されます。

新社会人の間にできるだけ経験を積める場所で活躍するべきです。

ただし仕事に興味がなく副業や趣味を人生を考えるのであれば、20代で静かなる退職は選択肢の1つかもしれません。

あなたがやりたいことを優先するのは、どの時代であっても間違いではなありません。

ぐりっと

何をしたい?何を成し遂げたいのか
考えてみよう。

2⃣30代・40代サラリーマン 静かなる退職おすすめ度☆☆☆

他の社員と比較して成果も出せない人は、モチベーションを保つ、上げる事は非常に難しくなっている世代です。

管理職であれば、静かなる退職させないために部下に奮起させていく必要があります。

ただ相手にとって強要することができない時代です。

言葉で説得できないの相手には、行動で示していくしかありません。

あなたの行動で部下を奮起させていく、背中をみて何かを感じてもらうしかありません。

相手が求めている報酬とやりがいは一致しているとは限りません。

他にやりたいことがあるのであれば、応援してあげることも一つかもしれません。

ぐりっと

作業なのか、誰かの役に立つ仕事なのか。
静かなる退職したとしても、考えて行動しよう。

3⃣50代サラリーマン 静かなる退職おすすめ度☆☆☆☆☆

静かなる退職ではなく、定年退職が迫っている世代こそ、次のステップを考える必要があります。

再雇用を利用して仕事を全うするべきか、趣味やこのキャリアの先について考える年齢です。

あなたにとって仕事の価値、現在の立ち位置などをしっかり考えて次のステージに向かいましょう。

まとめ

仕事の楽しさと報酬は必ずしも一致しません。

やりたいこと、将来の目標が会社にいる方が達成できるのであれば努力するこをおすすめします。

やりたい事ではない、努力に値しないの判断した場合、転職、もしくは静かなる退職を選ぶのは決して否定しません。

むしろ中途半端な気持ちで仕事と向き合う方が精神的な負担が大きくなります。

あなたにとっての幸せや優先順位をまとめ、どのような人生を送りたいか考えてみてください。

ふるさと納税のおすすめ5選

【投資×初心者】証券会社の開設、100万円修行の始める方法!

証券会社おすすめ

・使いやすいネット証券 LINE証券

LINE証券

・国内ネット証券の大手SBI証券

三井住友カード

ブログランキング参加しています。応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村   ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)
  • 42歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:行動力と継続力で勝負する
最後まで
読んでくれて
ありがとう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次