【必読】成功するサラリーマンに共通する、努力と運を引き寄せる方法とは?

本と投資は人を成長させるをコンセプトにしているブログYoutuber、40代サラリーマン投資家のぐりっとです。

突然ですが、あなたは今の生活に満足していますか。

そして、それは努力か運のどちらの要素が強いと思っていますか。

成功している人は努力、成功していない人は運が悪いと思っているかもしれません。

今回のテーマは『サラリーマンとして成功するためには、努力か運のどちらが必要なのか』です。

まずは2つの話を紹介します。

(スポンサーリンク)

目次

ウオーレン・バフェットの卵巣ロト(親ガチャ)

Free Man in Black Suit Sitting on Chair Beside Buildings Stock Photo

1997年、著名な投資家であり億万長者でもあるウォーレン・バフェットは、ある思考実験を提案しました。

「あなたが生まれる24時間前に、精霊がやってきたと想像してください。」

「精霊は、あなたがこれから入る社会のルールを決めることができ、何でも形にすることができると告げます。
社会のルール、経済のルール、政府のルールを設計することができるのです。
そして、それらのルールは、あなたの人生、あなたの子供や孫の人生に適用されます」
しかし、そこには落とし穴がある

と彼は言った。

「金持ちか貧乏か、男か女か、体が弱いか健康か、アメリカで生まれたかアフガニスタンで生まれたか、そんなことはわからないんだ。
あなたが知っているのは、58億個のボールのドラム缶からボールを取ることができるということだけです。
それがあなたなのです」。

「言い換えれば、あなたは私が卵巣ロトと呼んでいるものに参加しているのです

そしてそれは、あなたの人生に起こるであろう最も重要なことなのです。

通っている学校よりも、どれだけ一生懸命に働くかよりも、はるかに多くのことを決定するのです」

バフェットは以前から、成功における運の役割について提唱してきた。

2014年のアニュアルレターでは、”By dumb luck, [my business partner] Charlie and I was born in the United States, and we are forever grateful for the overwhelming advantage of this accident of birth gave us.” と書いています。

このように説明すると、人生における運、チャンス、フォーチュンの重要性を否定することはできないように思われる。

そして実際、これらの要素は重要な役割を担っている。

プロジェクト523の歴史

Free Woman Sitting on Gray Rock Near Body of Water Stock Photo

ベトナム戦争から14年目の1969年、中国の科学者であるトゥー・ユーユーが北京の秘密研究グループの責任者に任命された。
この部隊は、「プロジェクト523」というコードネームで呼ばれていた。

中国はベトナムの同盟国であり、プロジェクト523は兵士に投与する抗マラリア薬を開発するためにつくられた。
この病気は大きな問題になっていた。
ジャングルの中で、戦闘と同じくらい多くのベトナム人兵士がマラリアで亡くなっていたのだ。

トゥーは、まず手当たり次第に手がかりを探した。
古くから伝わる民間療法のマニュアルを読み漁り、古文書を読み漁る。
何百年、何千年も前の古文書を読み漁る。
治療法のある植物を求めて遠隔地へも足を運んだ。

数カ月後、彼女のチームは600以上の植物を集め、2,000近い治療法の可能性をリストアップした。
そして、その中から380種類を選び出し、実験用マウスでひとつひとつテストしていった。

「このプロジェクトで最も困難な段階でした」と彼女は言う。
特に、失敗が続くと、とても退屈で時間のかかる仕事でした」。

何百回と実験した。
何百ものテストが行われましたが、そのほとんどは何も得られませんでした。
しかし、ある時、「青蒿(せいこう)」というヨモギ科の植物から抽出したエキスが有望視された。
しかし、彼女の努力にもかかわらず、この植物からは時々、強力な抗マラリア薬が得られるだけだった。
いつも効くわけではないのだ。

しかし、彼女は「もう一度、やり直そう」と決心した。
Tuは、一つ一つのテストを見直し、本を読み直し、何か見落としている手がかりがないかと探した。
そして、1,500年以上前に書かれた中国の古文書『緊急時調理法』の中に、奇跡的に1つの文章を見つけることができた。

それは、「暑さ」についてであった。
抽出の際に温度が高すぎると、ヨモギの有効成分が壊れてしまうというのだ。
そこでトゥーは、沸点の低い溶媒を使って実験をやり直し、100パーセント効く抗マラリア薬を完成させた。

これは画期的なことであったが、本当のところはこれからであった。

努力の力

実績のある薬を手に入れたら、次はヒト試験です。
しかし当時の中国には新薬の臨床試験を行う施設はなかった。
また機密事項であるため、国外の施設は論外であった。

行き詰まってしまった。

そんな時、トゥーが最初の被験者として志願した。
医学史上最も大胆な行動として、彼女とプロジェクト523の他の2人のメンバーはマラリアに感染し、新薬の最初の投与を受けたのである。

結果は成功だった。

しかし画期的な薬を発見し、自らの命を危険にさらそうとしたにもかかわらず、トゥーはその研究成果を外部に公表することを阻まれた。
中国政府には、科学情報の公開を禁じる厳しい規定があったのだ。

しかし、彼女はめげなかった。
そして、アルテミシニンという化合物の化学構造を解明し、第二の抗マラリア薬を開発することに成功したのである。

トゥーの研究がようやく一般に公開されたのは、彼女が研究を始めてから10年近くが経過し、ベトナム戦争が終わってから3年経った1978年のことだった。
その後、世界保健機関(WHO)がマラリア予防薬として推奨するのは2000年になってからである。

現在、アルテミシニン治療は、マラリア患者に10億回以上投与されている。
何百万人もの命を救ってきたと言われています。
トゥー・ユーユー氏は、中国人として初めてノーベル賞を受賞し、中国人女性として初めて医学への多大な貢献に対してラスカー賞を受賞した。

運か努力か?

彼女は決して運が良かったわけではない。
私が特に気に入っているのは、学位もなく、海外での研究経験もなく、中国の国立アカデミーの会員でもないことです。

しか、彼女は努力家であった。
根気強い。
勤勉。
意欲的である。
何十年もの間、彼女はあきらめず、何百万人もの命を救うことに貢献した。
彼女の話は、成功には努力がいかに重要であるかを示す見事な例である。

少し前までは、卵巣の抽選が人生の成功の大部分を決めるというのは理にかなっているように思えましたが、努力が重要であるという考えも同様に理にかなっているようです。
努力すれば、少ない努力よりも良い結果が得られる傾向があります。
運の重要性を否定することはできませんが、努力は本当に差が出るということは誰もが感じているようです。

では、どうなのでしょう。
何が成功を決めるのでしょうか?
努力か運か?
努力か偶然か?
どちらの要素も重要であることは誰もが知っていると思いますが、私は「人それぞれ」以上の答えを出したいと思っています。

ここでは、私がこの問題を考える2つの成功を紹介します。

ぐりっと

努力は2種類あるよ

絶対的な成功 vs 相対的な成功

Free Man Wearing Grey Shirt Standing on Elevated Surface Stock Photo

運は絶対的な意味で、努力は相対的な意味で、より重要であるということです。

絶対的な意味での成功とは、他の人たちと比較したときの成功です。
ある分野で世界一になるにはどうしたらいいのか。
この考え方では、成功はほとんど運によるものです。
ビル・ゲイツがコンピュータ会社を興したように、最初に良い選択をしたとしても、世界的な結果をもたらす要因のすべてを理解することはできないのだ。

原則として、大きな成功ほど、それを引き起こした状況が極端であり、あり得ないものである。
多くの場合、正しい遺伝子、正しい人脈、正しいタイミングなど、誰も予測できない様々な要因が絡み合っている。

一般に、成功が荒々しいものであればあるほど、それを引き起こした環境は極端であり、あり得ないものである。
そして、自分の成功と他人の成功を比較する相対的な視点がある。
同じような教育水準で、同じような地域で育ち、同じような遺伝的才能を持って生まれた何百万もの人々はどうだろうか。
この人たちは、同じような結果を出してはいない。
比較対象がローカルになればなるほど、成功は努力で決まります。
同じような運を経験した人と自分を比べたとき、その差は習慣や選択の違いにある。

絶対的な成功は運である。
相対的な成功は、選択と習慣によるものである

この定義から、おのずと見えてくるのは、「結果が極端になればなるほど、運の重要性が増す」ということです。
つまり、絶対的な成功を収めれば収めるほど、運に左右されることが多くなるのです。

ナシーム・タレブ氏は、『Fooled by Randomness』の中で、「簡単な成功は、スキルと仕事によって説明することができる。荒々しい成功はバラつきがある”

どちらの話も真実である

Free A Frame with Letter Cutouts Stock Photo

人は時に、両方の知見を同時に持つことが難しいと感じることがあります。
結果をグローバルな感覚かローカルな感覚のどちらかで議論する傾向がある。

絶対的な見方は、よりグローバルなものです。
アメリカに生まれた裕福な人と、1日1ドル以下で生活する極貧の地に生まれた人の違いをどう説明するのでしょうか。
この視点で成功について語ると、「どうして自分の特権に気づかないのか」というような発言がよく聞かれます。
自分がどれだけ恵まれているのか、わかっていないのか」。

相対的な視点は、よりローカルなものです。
同じ学校に通い、同じ地域で育ち、同じ会社で働いている人たちと、あなたの結果の違いは何なのでしょうか?
ローカルな視点から成功を見ると、人々は「冗談じゃない。
私がどれだけ苦労してきたか知っているのか?
他の人にはない選択と犠牲を払ってきたことを知っているのか」と言われます。
もし、私の成功を運だと言ってしまえば、私がしてきた努力を軽んじることになります。
私の成功が運や環境のせいだというなら、なぜ近所の人や同級生、同僚は同じように成功しないのだろう」。

どちらの話も真実です。
ただ、あなたがどちらのレンズを通して人生を見るかによります

成功の勾配

Free Photo of Man Pushing Hay Bale Stock Photo

運と努力のバランスを調べるもう一つの方法は、成功が時間とともにどのように影響されるかを見ることです。

たとえば、成功をグラフにするとします。
成功はY軸で表されます。
X軸は時間です。
そして、あなたが生まれたとき、バフェットの卵巣のくじから引いた玉がY軸の切片を決定する。
幸せに生まれた人は、曲線の上のほうからスタートします。
より困難な境遇に生まれた人は、より低いところから始まります。

ここで重要なのは、あなたがコントロールできるのは、成功の傾きだけであり、スタート位置ではないということです。

アトミックハビッツの中で、私は「今、あなたがどれだけ成功しているか、成功していないかは重要ではありません。重要なのは、自分の習慣が成功への道筋をつけているかどうかだ。今の結果よりも、今の道のりを気にするべきだ。”と。

あなたがコントロールできるのは、成功の傾斜だけで、スタート位置ではありません。
プラスの傾斜と十分な時間と努力があれば、不運で失った地盤を回復することもできるかもしれない
この言葉は、”レースはスタートから時間が経てば経つほど、他の人が持っていたアドバンテージがカウントされなくなる “ということをよく表していると思う。

もちろん、それが常に正しいとは限りません。
大病を患えば、健康が損なわれることもある。
年金基金が破綻すれば老後の蓄えは水の泡だ。
同様に、運によって永久に有利(あるいは不利)になることもある。
ある研究によると、成功を富で測った場合、最も成功した人は、ほぼ間違いなく、中程度の才能と並外れた運を持った人であることがわかった。

いずれにせよ、この2つの要素を切り離すことは不可能です。
どちらも重要であり、時間の経過とともに努力の方がより重要な役割を果たすことが多いのです。

このことは、不運を克服することだけでなく、幸運を生かすことにも当てはまる。
ビル・ゲイツは、マイクロソフト社を設立した時期が非常に幸運だったのかもしれないが、何十年にもわたる努力がなければ、その機会は失われたままだっただろう。
時間が経てば、どんな優位性も失われる。成功のためには、運も努力も必要なのです

運を味方につけるには

Free Maneki-Neko Figurine On White Surface Stock Photo

運は、自分ではコントロールできないものです。しかし、運の役割とその仕組みを理解することは、運(または不運)があなたのところにやってきたときに備えるために有用です。

数学者でありコンピュータエンジニアでもあるリチャード・ハミングは、「あなたとあなたの研究」という素晴らしい講演の中で、優れた仕事をするために必要なことを要約しています。
運の要素もあれば、そうでないものもある。準備された頭脳は遅かれ早かれ重要なことを発見し、それを実行に移す。だから、そう、運なのだ。何をするかは幸せですが、何かをすることは幸せではありません

アクティブに行動することで、ラッキーエリアを増やすことができる。
たくさん探検する採集者は、役に立たない地形もたくさん見つけるが、家に閉じこもっている人よりも豊かなベリー畑に出くわす可能性も高い。
同じように、一生懸命にチャンスをつかみ、いろいろなことに挑戦する人は、待っている人よりも幸運を体験する確率が高いのです。
ゴルファーとして有名で、9つのメジャー大会で優勝したゲーリー・プレーヤーは、”一生懸命練習すればするほど、運が良くなる “と言っている。

結局のところ、幸運か不運かという運をコントロールすることはできないが、努力と準備はコントロールできるのである
運は時折、私たち全員に微笑みかける。
そして、そのとき、運に報いるには、努力してそれを生かすしかないのです。

サラリーマン投資家のぐりっとの目線

運はコントロールできませんが、努力はコントロールができます。

私たちにできることは努力することで、得られるのが運なのかもしれません。

近年では親ガチャという言葉が流行っていますが、どうにもならない事を考える時間はありません。

ひとりの人間として努力して運を味方につけましょう。

努力とは当たり前の事を継続することです。

40代を超えて、筋力トレーニングやストレッチ、そしてブログや仕事関連の勉強をしています。

自己満足かもしれませんが、人がいう事は気にせず続けてみましょう。

今回の記事に書いてありましたが、努力は時間軸に関係します。

近年では親ガチャ、個人の才能など持って生まれた運の要素もあるかもしれません。

ただ時間が経過するにつれて、その効果は徐々に薄れていきます。

まずは、時間軸を味方につけて自分に合った努力をしていきましょう。

ぐりっと

努力は裏切らない。

ふるさと納税のおすすめ5選

【投資×初心者】証券会社の開設、100万円修行の始める方法!

三井住友カード

ブログランキング参加しています。応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村   ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)
  • 42歳、1980年生まれ
  • サラリーマン投資家
  • ブロガー・Youbuer
  • 座右の銘:行動力と継続力で勝負する
最後まで
読んでくれて
ありがとう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次