なぜSPYD(SPDRポートフォリオS&P 500高配当ETF)のパフォーマンスが低下しているのか?

(スポンサーリンク)

目次

SPYDは、どのような変化を遂げて、どんなファンドなのか

この2年間で投資環境は劇的に変化しました。

ほんの2年前までは、インフレリスクは小さく、金利は低水準にあり、成長予測は堅調に推移していました。
今日、経済見通しは大きく変化し、成長予測は過去5ヵ月間にわたって低下し続けています。

アメリカの金融政策も、パウエルが利上げに踏み切る姿勢を崩さず、予測が難しくなっています。

低金利が長期間続いたことで、多くの投資家の間で人気が高まった投資のひとつに、有名な配当ファンドにSPDRポートフォリオS&P500高配当ETF(NYSEARCA:SPYD)があります。

このETFはS&P500に含まれる高配当利回り企業をターゲットにしています。

ぐりっと

他の記事も参考にしてください。

finviz dynamic chart for SPYDfinviz.comより

SPYDとS&P500を比較する

このファンドは、2020年のパンデミック前の強気相場で予想通り好成績を収め、このETFもパンデミックからの景気回復に伴って予想通り好成績を収めました。

それでも、SPDRポートフォリオS&P500高配当ETFは、S&P500(SPY)と広範な指数のほとんどを大幅に下回っています。
S&P 500は過去5年間で52%近く上昇していますが、本ファンドは2018年以降の同時期にわずか2%の上昇にとどまっています。
また、このファンドは、Invesco Exchange-traded Fund Trust II(SPMO)やInvesco S&P 500 Minimum Variance ETF(SPMV)といった同業他社を、昨年だけで5%以上大きく下回っています。

finviz dynamic chart for SPYfinviz.comより
finviz dynamic chart for SPMOfinviz.comより
finviz dynamic chart for SPMVfinviz.comより

SPYDの2つの問題点

このファンドがしばらくの間、同業他社やより広範なインデックスを常に下回っている主な理由は2つあります。


1,SPYDは、より循環的なセクターやコモディティ株の保有が少ないため、インフレ環境下でパフォーマンスを向上させるのに適したポジションにないことです。

2、SPYDは金融セクターを過剰に重視しており、最近の銀行破綻は多くの大手銀行株にさらなるプレッシャーを与えていることです。

SPYDの保有銘柄%
・不動産21.23%
・金融17.23%
・公益事業13.78%
・消費者サイクリカル12.46%
・消費者ディフェンシブ7.89%
・通信6.91%
・エネルギー5.05%
・ヘルスケア4.95%
・テクノロジー4.07%
・基礎資材3.89%
・工業2.46%。

SPYDはキャピタルゲインメイン、ただしインカムゲインの脆弱

SPYDは主にS&P500に属する高利回りの大・中型企業に投資し、1.51%を超える保有株はありません。

そして経費率は0.07%、このETFの運用者は65.2億ドル、現在の利回りは4.72%となっています。

このファンドの現在の利回りはまずまずですが、このファンドの保有銘柄は今後の配当成長を困難にする可能性が高く、またこのETFは金融セクターへの偏重ポジションを持つため、変動しやすいと思われます。

SPDR ポートフォリオ S&P 500 高配当 ETF は、景気循環企業や商品セクターへのエクスポージャーを最小限に抑えており、金融政策の変更と成長予測の低下により、資本要件が大幅に厳しくなる可能性の高い金融セクターを大幅に上回っています。

FRBは、昨年末に経済が大きく減速し始めたことから、すでに銀行に対する資本要件の厳格化を検討しており、最近のシリコンバレー銀行やシグネチャー銀行の銀行破綻も、FRBがミドルキャップ銀行に対するより厳しい規制を設けることを議論せざるを得ない状況になっています。

SPYDは、ミドルキャップの金融企業を多数保有しています。

ミドルキャップとは、市場価値が大型株(大企業)と小型株(小規模企業)の間に位置する企業のことを指します。
具体的には、時価総額が通常、20億ドルから100億ドル程度の企業を指します。
このような企業は、大型株のような市場規模や安定性を持ちながら、小型株のような成長潜在性を持っているとされています。
また、ミドルキャップ企業は多くの場合、新興技術や新しいビジネスモデルを取り入れることができ、投資家にとって魅力的な投資先とされています。

成長予測も下がり続け、価格は高止まりしています。ディズニーは最近、7000人の従業員を解雇すると発表しました。

ほとんどの銀行、特に地方銀行や中小銀行は、しばらくは配当金を大きく引き上げることはないでしょう。

SPDR ポートフォリオ S&P 500 高配当 ETF は、商品セクターを大きく下回るポジションにあり、また、この ETF が工業株などより循環的な企業を最小限に保有していることも、現在のインフレ環境に対するこのファンドのポジションを悪くしています。

この上場ファンドは、より循環的な企業やコモディティ株をETFのわずか20%しか保有しておらず、この上場ファンドが過剰に保有している消費者向けディフェンシブなどのセクターの多くは、物価上昇により大きな打撃を受けています。

SPDRポートフォリオS&P500高配当ETFの産業セクターと消費者サイクルの保有比率は、ファンド全体のポートフォリオのわずか15%に過ぎません。

すべての投資判断にはリスクがあり、このETFは金融と不動産セクターを過剰に保有しているため、経済が予想より早く回復した場合、このファンドはより広い範囲のインデックスを上回るパフォーマンスを示す可能性があります。

また、金利が大幅に低下した場合、このファンドも同様に上回るでしょう。

しかし、このファンドの現在の利回りはまだ5%を下回っており、また、このETFは金融株を多く採用しており、エネルギーとコモディティセクターへの投資も最小限であることから、このインカム型ETFにとって配当の増加は引き続き難しいものと思われます。

まとめ

SPDRポートフォリオS&P 500高配当ETFのパフォーマンスが低下している理由は、循環的なセクターやコモディティ株への投資が少なく、金融セクターへの重点投資しているためことである。
このファンドは、S&P500に属する大中型の高利回り企業に投資しており、現在の利回りは4.72%である。
そのため、このETFは今後の配当成長を制限する可能性がある。
さらに、金融セクターが大幅に影響を受ける可能性があるため、金融セクターへの投資もリスクがある。
それを理解したうえで投資を考えていこう。

年間100万円の配当金が入ってくる最高の株式投資
オートモードで月に18.5万円が入ってくる「高配当」株投資 ど素人サラリーマンが元手5万円スタートでできた!日本株の配当投資専門の現役サラリーマン投資家による初の著者。
これまで株式投資を行った経験のない初心者でも、長期配当投資のノウハウを学び、実践できるようになる1冊。配当投信の特徴は3つ。
初心者でもできる10万円からできる夢の配当金生活 海外株式と高配当株式
多くの人が配当生活をかなえている最新情報を提供

ぐりこ

今回は割愛しましたが、SPYDはSBI証券・楽天証券で
買付手数料が無料になります。
これは大きなメリットだよ。

ぐりっと

そうだね。
ネガティブ材料以外のの情報も理解したうえで
投資を考えていこう。
このブログではSPYDやVYMの情報を高頻度で発信しています。
興味のあれば過去の記事も読んでみてください。

ふるさと納税のおすすめ5選

【投資×初心者】証券会社の開設、100万円修行の始める方法!

三井住友カード

ブログランキング参加しています。応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村   ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次