インドの銀行から半導体まで、多様で投資の魅力ある2023年のADR4選

本と投資は人を成長させるをコンセプトにしている40代サラリーマン投資家のぐりっとです。

サラリーマン投資家は、日本以外の投資ポートフォリオの分散化、新たな成長機会の追求などが投資先において重要な要素と考えています。
近年は全世界株式と全米株式、S&P500の投資信託、いわゆるインデックス投資が主流になっています。
もちろん、基本戦略としては世界経済の成長や生活水準の向上により正しいといえますが、新たな中産階級の拡大が起きているのも事実です。
それに伴い、サラリーマン投資家は国際市場の株式に積極的に割り当てることを検討してもよいかもしれません。

米国株式市場は最大の経済大国でありながら、多くの他国の魅力的な企業が上場しています。
ここでADR(American Depositary Receipt)が注目されます。
ADRは、米国企業の株式を代理で保有し、日本や他の国の証券市場で取引される証券です。
ADRを通じて投資することで、日本やアメリカ以外の投資家も簡単に米国株式市場へ参入することができます。
以下では、2023年に注目されるおすすめのADR株について紹介します。
これらの企業は成長性や魅力的なビジネスモデルを持ち、将来の投資機会となる可能性があります。

ADR(American Depositary Receipt)のメリット

ADRの利点は2つあります。
1,ADRを通じた投資によって、日本や他の国の投資家は米国株式市場の成長や利益を享受することができます。
これにより、ポートフォリオの多様化とリスクの分散が可能となります。

2,ADRは現地通貨で取引されるため、為替リスクを軽減することができます。
日本や他の国の投資家は、自国通貨でADRを購入し、売却することができるため、外国為替市場の変動によるリスクを抑えることができます。

〔増補版〕インド株×高配当投資術: 高配当株これ一択!9割の初心者は知らない急成長中の海外インド株【ADR】【ETF】【投資信託】【ナイジェリア】
個人投資家もマネできる 世界の富裕層がお金を増やしている方法
auカブコム証券

(スポンサーリンク)

目次

2023年おすすめADR

ASML Holding

ASML Holding (ASML -0.28%)は、オランダに本社を置く、世界有数の半導体製造装置プロバイダーです。半導体は、コンピュータやモバイル機器の電源、人工知能の飛躍のためのハードウェア基盤にとどまらず、自動車、家電製品、その他さまざまな日常的な製品・サービスにとって不可欠な部品となっています。

また、世界各国にとって、半導体チップの供給は国家安全保障上の重要な課題となっています。そのため、米国や欧州をはじめとする主要市場では、チップの現地生産が盛んに行われています。ASMLは、グローバルな製造能力の拡大において、大きな役割を果たすことになります。

finviz dynamic chart for ASMLfinviz.comより

MercadoLibre

MercadoLibre (MELI -1.62%)は、ラテンアメリカにおけるEコマースとフィンテック・サービスのリーディング・プロバイダーです。同社はアルゼンチンで設立され、現在も同地で急成長しているが、実際にはブラジルでほとんどのビジネスを行い、またメキシコでも収益の大部分を稼いでいる。MercadoLibreは、マクロ経済の逆風にもかかわらず、急速に売上を伸ばし続けており、他の多くの企業が従業員数を減らしている中で、実際に大きな雇用を進めている。MercadoLibreは、オンライン小売とフィンテックの分野で最前線に位置しており、これらのサービスがラテンアメリカで普及するにつれて、大きな拡大の可能性を秘めています。

finviz dynamic chart for MELIfinviz.comより

HDFC  Bank

インド最大の民間金融機関であるHDFC銀行(HDB -0.27%)は、同国経済の発展が続く中、恩恵を受ける好位置にある。同社は3,800以上の市町村に7,800以上の支店を有しています。HDFCはデジタル決済の分野でもプレーヤーであり、”現金との戦い “から利益を得る態勢を整えているようだ。

finviz dynamic chart for HDBfinviz.comより

ICICI Bank Ltd. (IBN)


世界最大の民主主義国家であるインドも注目すべき存在です。
ムンバイに本社を置くICICI銀行は、国内最大級の金融機関であり、この地域の経済成長を取り込むのに有利な立場にある。
従来の銀行業務や融資にとどまらず、生命保険、クレジットカード、投資銀行、年金サービスも提供しています。

S&P500の株価がほぼ同額で推移しているのに対し、この銘柄は過去12カ月で約15%上昇している。
これはインドのGDP予測が、今年は5.5%、2024年にはさらに6.5%成長するというものであることも一因です。

finviz dynamic chart for IBNfinviz.comより

まとめ サラリーマン投資家ぐりっとのひとりごと

ADRは投資先としては非常に面白いですが、私は失敗したことがあります。
それはインドネシア株(BBNI)のこうにゅウです。
当時、SBI証券で購入しましたが、ADRの存在を知らず購入してしまいました。
ADRを使用したほうがお得に購入したことに気づきませんでした。
世界に目をむけて米国証券に上場している株を中心に購入していく方が為替相場からみても安心感があります。
上手にADRと付きあいながら、一緒に楽しみましょう。

ADR(American Depositary Receipt)は、米国証券取引所に上場している外国企業の株式を米国市場で取引可能にする仕組みです。ADRを利用することで、米国の投資家は簡単に外国企業の株式に投資することができます。

ADRは投資先としては非常に面白いですが、私は失敗したことがあります。
それはインドネシア株(BBNI)。
当時、SBI証券で購入しましたが、ADRの存在を知らず購入してしまいました。
みなさんもADRの存在や利用方法を学ぶことで、将来的にはより効果的な投資ができるようになるでしょう。

ADRを使用すると、為替相場の変動からくるリスクを軽減することができます。
外国の株式を直接購入する場合、為替相場の変動によって投資額や収益が変動する可能性があります。
しかし、ADRを使用すると、米ドルで株式を取引することができるため、為替リスクを抑えることができます。

また、米国証券取引所に上場している企業は一定の基準を満たしており、監査や開示情報の提供が求められています。これにより、企業の情報開示がより透明性が高まり、投資家にとっては安心感があります。

ADRは、世界中の多くの外国企業が利用しており、多様な銘柄を選ぶことができます。米国市場は世界最大の株式市場であり、多くの投資家が参加しています。そのため、情報の入手や取引の流動性も高く、投資の幅が広がります。

ADRを上手に活用しながら、世界の企業に投資していくことは面白い経験になるでしょう。
投資にはリスクもつきものですが、適切な情報収集やリスク管理を行いながら、楽しみながら投資を進めてください。

ふるさと納税のおすすめ5選

毎日つぶやいています!!フォローよろしくお願いします

Swellの紹介

【投資×初心者】証券会社の開設100万円修行の始める方法!

ネット証券会社でおすすめはコチラ(こちらからクリックしてもアフェニエイトの収益は一切発生しません)
  • SBI証券
    公式サイト:https://www.sbisec.co.jp
    ネット証券最大手、NO.1証券。サラリーマン投資家ぐりっとおすすめです。
  • 楽天証券
    公式サイト:https://www.rakuten-sec.co.jp/
    楽天ポイントが貯まるので楽天経済圏を利用している方におススメです。
  • マネックス証券
    公式サイト:htthttps://info.monex.co.jp/merit/index.htmlps://www.monex.co.jp/
    独自のサービス、盛りだくさん。費用を押さえたい方におススメです。
  • IG証券
    公式サイト:https://www.ig.com/jp
    CFD取引が人気!

三井住友カード

ブログランキング参加しています。応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村   ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
ぐりっと(gritman)

・サラリーマン投資家(42歳)
・米国ETF、投資方法など発信
・ブログ、Youtuber
・座右の銘:行動力と継続力で勝負する

最後まで
読んでくれて
ありがとう

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次